乗り越し

鉄道を利用している時に寝過ごしてしまったらどうなるか、という記事が出ています。弁護士に聞きに行ったそうなのですが、運送の利益を得ているために黙って戻ってはいけない、乗り越し区間の金額は払わなければならない、という説明になっています。これは一般的な詐欺罪とかの考え方に基づいていると思うのですが、鉄道営業現場の実際ではないですね。記事でも駅員にどうぞと言われればセーフと一応書いてあるものの。

実際はJRの旅客営業規則でも明記されている通り、誤乗は無償で戻れるのが標準です。意図的と判断されたらダメなのでしょうが。新幹線で寝過ごして遠くへ行った場合に、駅前のホテルで1泊して翌日始発で戻るなら、と改札を無償で出してもらえることがあるというのも聞きますね。新幹線だと、タクシーなどで戻れる距離ではないですし。

東京だと中央線の大月とか、関西だと福知山線の篠山口とか、終点になる場所には結構こういう人がいるみたいです。駅前にそういう人が泊まりそうなホテルがあるとか。これくらいの距離だとタクシーで戻るか悩みますね。結構な金額になりますし。

このネタだと鉄道の実務をやっている人に聞くべきだったですね。

この記事へのコメント