ジェイアールバス関東の乗務員交代基地移転構想

ジェイアールバス関東が東名高速三ケ日インターチェンジそばに設置している乗務員交代基地を新東名高速新城インターチェンジ付近に移転する計画だそうです。

JRバスは、国鉄時代から東名・名神高速バスを走らせており、東京と大阪を結ぶ上では途中で乗務員交代が必要になるため、中間付近にある三ケ日に乗務員交代施設がありました。交代要員はここで待機していて、やってきたバスは三ケ日ICで高速道路を降りて交代施設に立ち寄り、バスを引き継いですぐまた三ケ日ICを入って高速道路を走っていくわけです。この施設がないと、交代の運転手もバスに乗っていくことになるので、結局東京から大阪までまるまる2人を拘束してしまうわけです。この施設があれば、東京側の乗務員はここまで運転してきて施設で降りてしばらく休息し、今度は逆方向のバスに乗って東京に戻る、という乗務員運用ができるので、関西まで全行程を付いていかなくて済むわけですね。

しかしある程度の運行本数がないと、このような施設を遠隔地で運用するコストを乗務員運用の効率化でカバーできないですし、乗務員運用もうまく組み立てられなくなります。結局東名・名神のような圧倒的な輸送需要が存在していて多数のバスが日夜行きかう場所でしか適用できない方式であり、ほとんどの路線ではこういうやり方はしていないのですよね。

新東名ができて二重化されると、この方式は使いづらいけどどうするのだろうかと思っていたのですが、なんと新東名側に移転するのですね。実際の走行の便利さだと新東名の方が圧倒的でしょうしね。地元では、関東近畿との行き来が便利にならないかと期待しているようですけど、バス停まで設置するのでしょうか。もう長いこと東名高速バスも乗ってないですね。

この記事へのコメント