DVDへのダビング

娘のために、アンパンマンの毎週の放送を録画し続けています。しかし、テレビに内蔵されているHDDレコーダーの容量はそこまで大きくなく、いよいよ残容量が圧迫されてくる事態に。娘はかなり古いものでも、唐突に思い出したかのように再生してくれと頼んでくることがあるのでなかなか消せないのです。そこでついに、DVDへのダビングをやってみることにしました。

私自身が映像を長期間保存しておくということにあまりこだわりがなく、一時的に録画しても見終わったら消してしまう運用だったので、これまでDVDへのダビングはやったことがありませんでした。機能としてはあるのは知っていたのですけどね。今はCPRM対応のディスクでないと駄目とか制限があるようで、そういうディスクを入手してやってみました。

もっと速くダビングできるかと思ったのですが、標準画質にすると再エンコードが発生しているためなのか、実時間ダビングでした。相当な量を保存できるので、結構時間がかかります。こうなると、娘が起きている時間には到底できません。夜娘が寝てしまってからダビングをセットしておいて、後で自分が寝る前に回収するという感じですね。

娘がキャラの名前で再生をリクエストしてくるので、各回のタイトルをきちんと記録しておいて、DVDケースの紙に書き込んでおかなければなりません。全部作業すると結構な手間ですね…。再生画質は標準画質でも問題ないと思うのですが、HDD上に映像があるときには使えるシーン検索がDVDではなくなってしまうのは痛いですね。まあ致し方ありません。

とりあえず1本、6週分の放送3時間分をダビング完了しました。徐々に作業していきたいと思います。

この記事へのコメント

hil
2021年01月09日 03:21
ハイビジョン画質も選択できれば、画質は見て(見てもらって)確認した方がいいですよ。
仕組みの違いからか、むしろ容量も取らないです。

タイトルはWikipediaから該当する一覧をプリントするのもいいです。
番号だけメモすれば良くなる。
Tamon
2021年01月09日 23:32
関東の放送からかなり遅れていて、順番も変更されているようなんですよね。なのであまり単純ではないです。
たづ
2021年01月10日 01:58
ダビングをBD-Rにしてはどうでしょう?
廉価版の盤であれば1枚当り100円~150円くらいのはずです。
数年前買ったものが25GBの20枚パックで量販店定価3000円弱、半額セールで1500円でした。大体はセール品で買ってます。BDは全てCPRM対応しています。
DVD対応の動画圧縮に相当の時間をかけてしまうので、「若干圧縮したハイビジョン」(多分720p)のモードで録画して、そのままダビングしてしまうのが時間も含めたコスト面で楽なのではないでしょうか。
放送録画時の圧縮モードに依りますが25GBのBD1枚に11~17時間入るので、30分程度のアニメーションなら22話、モード次第では30話ほど収まります。
1枚移し切るのにこの場合だと15分くらいだったと思います。
尤もそもそもの話数が多いと、それでも相当な時間が掛かってしまいますが。
Tamon
2021年01月11日 01:13
携帯DVDプレイヤーでも再生したいなと考えて、BDは採用しませんでした。ただ現状、焼いてみたDVDをそのプレイヤーでは再生できていないのですが。きちんとファイナライズできていない疑いが。