ANAの現状

航空業界、特にANAの現状についての記事が出ています。COVID-19問題で経営が苦しいのは交通関連企業ではどこも同じですが、スカイマーク支援の問題とかあるんですね。

日本の航空業界ではエアドゥやスカイネットアジア航空(ソラシドエア)など、いくつか新規参入航空会社が出たものの、いずれも結局ANAの支援を受ける羽目になって、2大航空会社の勢力争いという構図があまり変わりませんでした。スカイマークも経営破綻した後にANAの経営支援を受けたのですけど、この記事でも触れられている通りANAとの顧客データや予約システムの統合に抵抗していて、完全には同一グループという感じにはなっていないのですよね。正直、スカイマークはデルタの支援を受けてスカイチームに加入すればよかったのに、と思っています。そういう問題もあって、ANAはスカイマークを今回は支援しようとしていないのだそうで。

JALが経営破綻後政府の支援を受けたことで、しばらく規模拡大に抑制をかけられていたので、結果論ですが今回の問題で傷が浅くて済んでいます。JALの経営が改善してきたころに、もう少し海外路線を拡充するような拡大策を取っていくのかと思っていたのに、まったく消極的な策しか講じていなかったので、残念に思っていたのですけど、もし積極策をしていたら今頃大変でした。完全なる結果論ですけど。それに対してANAの積極策は裏目に出てしまいましたね。

ただ、日本の航空業界の規模で1社統合はありえないだろうと思います。そうすると競争がなくなりすぎますし。もう少ししのいで何とか復活の機会を掴んでほしいものです。

この記事へのコメント