北京-上海-広東を結ぶリニア路線構想

中国が北京-上海-広東を結ぶリニア路線を計画しているそうです。北京から広東まで3時間半で行けるそうですが、これは時速600キロメートルで計算した前提なので、ちょっと短絡的な計算に見えますね。実際には表定速度はもっと下がるわけですから。

中国がリニアモーターカーを開発しているのは既に発表されていました。600km/hを計画しているそうですが、これは実際にこの速度で実験走行をしたわけではまだないようです。低速で実験している段階のようです。まあ、開発を進めていけばやれる数字ではあるのでしょう。日本の超電導リニアでも実験的には600km/h以上を達成しているわけですし。

ただ、画像を見る限りだと日本で使っている側壁浮上方式ではなさそうな感じです。どういう技術なのかいまいちよくわからないですね。路線の建設自体は、今の中国の勢いであればあっという間にやってしまいかねないですけど、技術的に本当に実用になるのかよくわかりません。

この記事へのコメント