小樽-長万部の大規模減便事件

JR北海道で、COVID-19感染者が出て、多くの濃厚接触者が出て、多数の運休が発生したそうです。

よりによって、小樽-長万部というもともと列車本数が少なくて、ほぼ倶知安の拠点だけで運行していたような場所なので、大きな運休率になってしまったようです。便数半減とは。ツイッターで見ている限りだと、運行中に途中で打ち切られて乗客が外に出されたところもあったそうです。

大江戸線の運転士に感染者が出たときも7割程度に減便されていました。元からの列車本数が多い路線だと、7割に運行本数が減っても実用的な利用は可能でしょうけれど、朝ラッシュの混雑が問題になります。一方今回の小樽-長万部だと、半減してしまうとほとんど実用的ではないですね。記事でも指摘されている通り、地方路線だと1人でいろいろな業務をこなせるようにして少人数で運営しているので、部門を超えて影響が広がってしまうんですよね。

検査して陰性だったら業務復帰、というのは本来はよくないですね。偽陰性がそれなりにあるので、14日間は隔離した方が良いわけで。大江戸線のときも全員が陽性だったわけではなかったような。

元から新型インフルエンザ対策でいろいろ準備はされていたのだそうですが、私からすると本当に想像していなかった事態です。

この記事へのコメント