妙な線路大研究 東京篇

妙な線路大研究 東京篇』を読み終わりました。東京圏のJR・地下鉄・民鉄について、地図上不思議と思われるところを取り上げて、その理由を解説しています。私はこういうルート選定の理由をとても気にするタイプなので、そのあたりが楽しい本です。

もっとも、実際の鉄道の建設経緯については、詳細な資料はほとんど残されていないのですよね。工事誌であっても、ルート選定理由についてはそこまで詳しく書かれていないことがほとんどです。したがって残念ながら、関係者の証言とか当時の文献とかの情報に基づいて確実な理由を示せているものはほぼなく、状況証拠に基づく筆者の推定の域を出ない記述ではあります。

たとえば、東武鉄道の北千住から南への区間は、かなりS字のカーブを描いていますが、もっとショートカットできるように見える、という点を取り上げています。表紙にも地図が出ている区間ですが、元はもっと東まで曲がっていて、それを荒川放水路の建設で削られて移転したから今の経路になった、というのが答えです。もちろん、荒川放水路の建設との関係は知っていたのですけど、ではなぜ元の経路はそんなに東へ曲がっていたのかというと、あまりよくわからないところがありますね。堀切菖蒲園に近づけるのがそんなに大事だったのか、既に存在していた集落を回避したのか。筆者もそこはよくわからないとしています。

多くの地図を掲載して詳しくルート解説をしていて、楽しい本です。やはり高低差などを気にしないとわからないところも多いのですけど、普段見る地図では東京はほぼ市街地に埋め尽くされていてほとんど等高線は読めないので、あえて高低差を強調した地図を出してこられると、ここはこんな形になっていたのかと改めて思わされるところがありますね。とても楽しい本でした。

この記事へのコメント