東風連駅移転決定

宗谷本線の東風連駅を来年春に移転し、名寄高校駅にするそうです。少し前から話が出ていましたね。

地図を見ると、1駅南の風連駅の前はある程度の集落があり、1駅北の名寄駅も名寄市の中心市街地ですのでかなりの町になっています。しかし東風連駅の周りはほんの数軒の家があるだけのようです。これなら確かに、高校の前に駅を移したくなるのはよくわかります。もう少し周辺人口が大きければ、高校前への駅新設にしたのでしょうけど。実質東風連駅は廃止です。駅移転という形態をとる利点は特にないのですけどね。停車駅の数が変わらなければ、所要時間が伸びずに済むというくらいでしょうか。

名寄高校はなぜ市街地の中にはないのでしょうね。こんなに駅から離れていたら通学に不便なのは明らかなのに。古くからある学校のようなので、もっと町の中にあっても良さそうなものだと思ってしまいます。定員割れに悩んでいるそうで、多少なりとも鉄道を利用した通学が増えるといいのですが。

この記事へのコメント