JR東日本の大規模合理化構想

JR東日本が大規模な合理化も検討という発表をしたようです。複線区間の単線化、電化区間の非電化なども考えるそうです。 日本だとこういう事例はあまりないんですよね。戦時中の不要不急線では御殿場線の複線区間を単線にしましたけど、後は室蘭本線のトンネル崩落区間を単線にしたことや、常磐線被災区間の復旧時に単線で再開させたくらいでしょうか。一…
コメント:2

続きを読むread more

昭島消えた五つの鉄道

『昭島消えた五つの鉄道』を読みました。先日の『追跡! まぼろしの八高線衝突事故』と同じく昭島市教育委員会発行のブックレットです。 五日市鉄道の立川連絡線、中央本線の砂利採集用貨物支線の先につながっていた多摩川砂利木材鉄道、拝島駅から多摩川へ砂利採集用に伸びていた西尾組砂利軌道、五日市鉄道の武蔵田中駅から分岐して多摩川へ砂利採集に伸…
コメント:0

続きを読むread more

西九州新幹線

九州新幹線長崎ルートの正式名称が西九州新幹線に決まったそうです。やや長く感じられますが、やむを得ないところでしょうか。 今までは九州の2本の整備新幹線のそれぞれを、九州新幹線鹿児島ルートと九州新幹線長崎ルートと呼んできましたが、さすがにそんな長ったらしい名前では呼べなかったのでしょう。また佐賀県への配慮もあって、長崎ルートではなく…
コメント:0

続きを読むread more

中央新幹線の工費増大

中央新幹線の建設費の増大が発表されたようです。工期が伸びることが確実になっていたので、建設費増大は避けられないと思っていましたが、一気に1兆5000億円も上がってしまうようです。 名古屋と品川の駅部の施工条件が難しかったこと、耐震性のための橋脚補強が要件として挙げられているようです。静岡の水問題による遅れの工費への影響は、含んでい…
コメント:2

続きを読むread more

瀬谷の新交通システムの状況

突然話が持ち上がったように思われた、相鉄瀬谷駅からの新交通システムの案件について、詳しい記事が出ています。テーマパークの誘致を想定していて、そのために大きな輸送力が必要と試算していたのにもかかわらず、相鉄が行っていたアメリカの映画会社との交渉は不調に終わったのだそうで。USJみたいな映画関係のテーマパークを考えていたのでしょうか。 …
コメント:0

続きを読むread more

地下鉄7号線延伸に向けた会合

さいたま市で地下鉄7号線延伸に向けた会合があったそうです。ようは、埼玉高速鉄道線をさらに北に伸ばそうという計画ですが、いろいろ試算されているもののかなり厳しいという話だったような。さいたま市長の「機が熟しつつある」というのはどのあたりを指しているんでしょうね。 一応、蓮田までの延長が構想にはあるのですけど、さすがにそこまでは無理で…
コメント:0

続きを読むread more

常磐線はなぜ本線ではないのか

常磐線はなぜ常磐本線ではないのかという記事が出ています。国鉄時代の「国有鉄道線路名称」の区分で東北線の部に属していて、独立した部を形成していなったからなのですよね。 国鉄時代の線路名称では、大まかに○○線の部、という区分を作っていて、その中で主たる路線を○○本線と呼び、それ以外の路線を別の名称を付けて読んでいました。たとえば、東北…
コメント:2

続きを読むread more

船の重量超過

萩市の離島を結ぶ航路のために建造していた新造船が、予定よりはるかに重くて就航できず、契約解除されたのだそうです。重量トンで、約154トンの計画だったのが約49トンも重くなっていたとか。どうしてこうなったという感じです。 進水式で海運会社側の職員が、喫水が深すぎることに気づいて発覚したのだそうですが。普通船のようなものを造るときは浮…
コメント:2

続きを読むread more

追跡! まぼろしの八高線衝突事故

昭島市教育委員会から発行された『追跡! まぼろしの八高線衝突事故』を読みました。現地の施設に問い合わせて入手しました。合わせて他にも鉄道関係の資料を2冊手に入れているので順次読んでここに書く予定です。 終戦直後に八高線小宮-拝島間の多摩川橋梁上で正面衝突事故が発生し、乗員乗客合わせて100名以上が死亡しました。この事故自体は知って…
コメント:0

続きを読むread more

高輪築堤の保存問題への方針

話題になっていた高輪築堤の保存問題について、JR東日本の方針が発表(PDF)されました。一部を現地保存し、信号機土台部が残っていたところは移築保存、残りは記録保存(つまり記録だけ残して撤去)ということになるようです。 残す部分はやはり橋梁部ですね。ここが高輪築堤の大きな特徴部ですから当然ですね。現地保存のイメージを見ると、水を張っ…
コメント:0

続きを読むread more

カンザスシティ・サザン鉄道買収提案

アメリカの1級鉄道会社、カンザスシティ・サザン鉄道に買収提案が持ち上がっています。先日カナディアン・パシフィック鉄道に売却する方向で合意と報じられたのですが、カナディアン・ナショナル鉄道が名乗りを上げたようです。買収額が引き上げられたようですね。 1級鉄道は、北米の鉄道会社を売上高を基準に分類したもので、最大規模の会社です。かつて…
コメント:0

続きを読むread more

イタリアのコロナフリー列車

イタリア国鉄が、ローマ-ミラノ間でCOVID-19抗原検査で陰性だった人だけを乗せる列車を走らせるそうです。1日1往復限定のようですけど。 当日陽性になったら無手数料払い戻しという制度は当然としても、正直48時間以内の抗原検査陰性にどれほどの意味があるのかと思ってしまいます。48時間あれば、その間に新たに感染してしまうことは十分あ…
コメント:2

続きを読むread more

休日の娘の世話

今日は妻に、家を掃除している間娘を連れだしてほしいと依頼され、自転車に乗せてお出かけしました。やや寒い日で困りましたけど。 家からちょっと離れたところにある公園にたどり着いて、そこで遊んでもらいます。やはり見慣れない遊具があると興味を惹くようで、そこにかじりついて遊んでいました。アゲハ蝶と思われる大きな蝶がいて、それに気づくと怖が…
コメント:0

続きを読むread more

石湯線構想

くりでんミュージアムで、かつて石越と湯沢を結ぶ鉄道構想があったことをテーマにした企画展が開かれているそうです。構想レベルではあちこちに鉄道計画はありましたからね。 栗原鉄道(栗原電鉄、くりはら田園鉄道)と当然関連するので、栗原鉄道が構想したのかと思いきや、国会に請願書を提出したとあるということは、鉄道敷設法予定線に追加して国鉄に造…
コメント:2

続きを読むread more

妙な線路大研究 東京篇

『妙な線路大研究 東京篇』を読み終わりました。東京圏のJR・地下鉄・民鉄について、地図上不思議と思われるところを取り上げて、その理由を解説しています。私はこういうルート選定の理由をとても気にするタイプなので、そのあたりが楽しい本です。 もっとも、実際の鉄道の建設経緯については、詳細な資料はほとんど残されていないのですよね。工事誌で…
コメント:0

続きを読むread more

二酸化炭素消火設備

東京のマンションの駐車場で、二酸化炭素消火設備が突然動作して4人が死亡したそうです。これは恐ろしい事故ですね。 過去にも何度も二酸化炭素消火設備の事故は起きていますね。今回の例だと、シャッターまで下りてしまったということなので、逃げ場がなかったのでしょう。酸欠の空気を吸うと、あっという間に運動能力や意識を失ってしまうので、こういう…
コメント:0

続きを読むread more

東京の地下鉄構想

東京の地下鉄構想に関する記事が出ています。有楽町線の豊洲-住吉間、臨海部地下鉄、南北線の白金高輪-品川間の3か所ですね。 この中で一番わからないのが臨海部地下鉄ですね。つくばエクスプレスから直通する構想がありますけど、とりあえずつないだ感じがします。どうしてもそちら方向とつなぐだけの需要があるわけではなさそうですからね。東京駅まで…
コメント:2

続きを読むread more

フランスの鉄道で2時間半以内の距離の国内航空路線を全廃法案

フランスで、鉄道で2時間半以内の距離の国内航空路線を全廃する法案が通過したそうです。これは結構アグレッシブな感じですね。 しかし、もともとは4時間以内という基準だったのだそうで、これだとフランス本土の航空路線はほとんど残らないことになってしまいます。それを航空会社からの反対で2時間半に緩和して骨抜きにしたのだそうで、それだと確かに…
コメント:0

続きを読むread more

走らなかった鉄道 未成線を追う

『走らなかった鉄道 未成線を追う』を読み終わりました。昨今、完成しなかった鉄道路線「未成線」に関する本はいくつも出ていますが、また新しい本が出ました。 取り上げられている路線は、いつも大体似たようなものでしょうか。大きな遺構が残っている未成線はほぼ限定的ということかもしれません。五新線、名羽線、岩日北線、今福線、呼子線、油須原線と…
コメント:2

続きを読むread more

幻の鉄道を探る~阪急京都線 計画された西院貨物駅~

今日は京都学・歴彩館の講演会「幻の鉄道を探る~阪急京都線 計画された西院貨物駅~」を聴講しに行ってきました。小ホールで開催予定だったのが、予定より希望者が多かったため大ホールになったとのこと。 阪急京都線の前身、新京阪鉄道は、開業時から電動貨車で貨物輸送をしていました。西院駅は、京都の市街地の地下線に入ってしまうので、地下で貨物扱…
コメント:4

続きを読むread more

トンネル展

今日は大阪府立狭山池博物館の開催するトンネル展を見に出かけました。 大阪狭山市は、南海高野線で通り過ぎたことはあっても降りて歩いたことがなく、狭山池というのもどんなものかよくわかっていませんでした。きわめて古い時代に造られたため池なんですね。市街地の中にあるように見えますが、谷状になっている地形にダムを築いてせき止めて水を貯めてい…
コメント:0

続きを読むread more

台湾鉄路管理局の問題点

台湾鉄路管理局の抱えている問題についてまとめた記事が出ています。今回の事故の背景なのかもしれませんが。 10年も採用を停止していた期間があったんですね。日本でも、国鉄末期からJR初期にかけて採用を停止していた期間があって、後から技術継承の面での大きな問題になっていました。やはり採用数をあまり極端に増減させるのは問題があります。 …
コメント:2

続きを読むread more

東風連駅移転決定

宗谷本線の東風連駅を来年春に移転し、名寄高校駅にするそうです。少し前から話が出ていましたね。 地図を見ると、1駅南の風連駅の前はある程度の集落があり、1駅北の名寄駅も名寄市の中心市街地ですのでかなりの町になっています。しかし東風連駅の周りはほんの数軒の家があるだけのようです。これなら確かに、高校の前に駅を移したくなるのはよくわかり…
コメント:0

続きを読むread more

「クイーンビートル」遊覧航路に就航

JR九州の高速船「クイーンビートル」が国内の遊覧航路に就航したそうです。 もともとJR九州は、博多と韓国の釜山を結ぶ航路をジェットフォイルで運航していました。需要はかなり旺盛で、韓国側の事業者も参入してかなりの便数になり、対馬寄港などもしていました。しかし、いよいよ船が老朽化してきて新たな船を必要とするようになり、てっきり他の船会…
コメント:0

続きを読むread more

EH500の日本海縦貫線対応

JR貨物の2021年度事業計画を紹介する記事の中で、EH500を日本海縦貫線でも運転できるようにするという話が書かれています。そんなことをするんですね。 現状、JR貨物の交直流機は、東北本線系と関門連絡がEH500、日本海縦貫線がEF510と使い分けられています。国鉄時代から、東北本線系と関門連絡は重連運用だったのに対して、日本海…
コメント:2

続きを読むread more

私鉄の夜行列車

鉄道ピクトリアル2021年5月号を読み終わりました。特集は「私鉄の夜行列車」。私鉄の夜行列車など、東武の尾瀬夜行、スノーパルくらいしか知らないが、そんなに特集を組めるほどあるのだろうか、と思ってしまったのですけど、国鉄・JRから私鉄に直通する夜行列車というのは一応いろいろあったようです。 たとえば、富山地方鉄道の立山まで国鉄線から…
コメント:0

続きを読むread more

運河事故の賠償請求

スエズ運河の座礁事故で、エジプトの当局は10億ドル以上の損害賠償を請求する予定だそうです。 離礁作業に掛かった費用や損傷した運河設備の修復費用などは、当然請求すればよいと思います。しかし、通航料の損失まで求めるのは単純ではないですよね。実際の様子を見ていると、封鎖に引っかかった船の多くは、別に喜望峰周りにすぐに変更してしまったわけ…
コメント:0

続きを読むread more

鉄道信号技術

『鉄道信号技術』を読み終わりました。日本鉄道電気技術協会でまとめた鉄道信号の技術の本で、鉄道信号の専門家が執筆陣に並んでいます。本文だけで420ページくらいあり、読んで理解するのに時間を要するので、読み終わるまでかなりの時間がかかりました。 わかりやすくまとめられていますし、今までの本にありがちな、国鉄・JR系の話に終始して民鉄の…
コメント:0

続きを読むread more

台湾東部幹線の事故

台湾の東部幹線で、太魯閣号が脱線してトンネルの壁に衝突するという大事故があったそうです。台湾東部幹線では数年前にも、曲線で大幅な速度超過をして転覆する事故を起こし、ATP装置の問題が取り上げられたばかりです。思わず、過去の記事が誤ってもう一度流されたのでは、と思って見てしまいました。その時は、日本車両製のTEMU2000型「普悠瑪」(プ…
コメント:0

続きを読むread more

フィンランドとスウェーデンを結ぶ旅客列車の構想

フィンランドとスウェーデンを結ぶ旅客列車を走らせる計画があるそうです。 北ヨーロッパ諸国は、ノルウェーとスウェーデンは長い陸上国境を接しており、地形的にもそれほど無理がないので当然のように鉄道が接続されていますし、デンマークは海峡で隔てられているもののオーレスンリンクの計画が完成して鉄道がつながりました。しかし、フィンランドは陸上…
コメント:0

続きを読むread more