ワクチン接種の進捗

ワクチン接種が引き続き進んでいます。

今日は発表された高齢者ののべ接種回数がぴったり900万回という不思議な現象が起きました。ある程度丸めて発表する方針になったのかと思って内訳を見てしまいましたが、ワクチンの種類(ファイザー/モデルナ)と1回目、2回目の区別を足し合わせると、本当にぴったり900万回のようです。こんな偶然もあるものです。

もっとも、発表までに接種の登録が終わった回数についてなので、実数はこれよりはるかに多いはずです。接種だけしてシステムに入力を終えていない分がかなりあることは初期から報じられており、後でシステム入力すると、実際の接種日の統計にさかのぼって追加される仕組みになっているので、今日発表された日曜日までの累計接種回数も、明日発表される数値だと上方修正されているはずなのです。現状、発表される数値は高齢者接種で1日40万回台、医療従事者が15万回くらいで計55万回くらいですが、後でどんどん高齢者接種の数が積みあがるので、すぐに60万回くらいになり、実数はもっと多いのでしょう。実際は1日80万回くらいではないかと思います。

そして、医療従事者の1回目接種の進捗率が100パーセントを超えるという事態に。医療従事者の人数は480万人と報じられていたのですが、1回目接種が480万人を超えました。当初の見積もりが甘かったのか、予想以上に接種希望者が増えたのか、ということですね。

大規模接種会場が追加されつつあり、職域接種も始まる見込みになって、なんだかんだで1日100万回は達成できるのでしょうか。私はいつ打てるのか。

この記事へのコメント