ロック板のないコインパーキング

ロック板のないコインパーキングに関する記事が出ています。ロック板がなくても、ナンバープレートを記録するカメラなどを利用して管理しているのだそうです。

話は聞いたことがありましたが、実は不正利用率はロック板のあるコインパーキングと大差がないのだそうで、これは驚きですね。もし不正利用率が変わらないのなら、ロック板は設備投資と保守でかなりの費用がかかっているわけなので、ない方が駐車場管理側にとってもいいわけですし、利用する側にとってもやはり出し入れ時に気を遣うので、ないに越したことはないです。

うちの近くでも、ドラッグストアの駐車場に導入されています。ただここは、入場から20分は無料、店の中で駐車料金の処理をするとさらに30分無料、という仕組みなので、20分で終わる買い物で出るときは特に処理をせずに出ます。その場合、ロック板方式だと、まだロック板が上がっていないことで無料の時間帯にあることを確認して出庫できますが、ロック板がないとその確認ができず、やや不安なままで出庫することになります。このあたり、各車室ごとに状態表示ランプみたいなものが欲しいところですね。

しかしいろいろ考えるものですね。

この記事へのコメント