山手線内回り大規模運休工事発表

渋谷駅山手線ホーム拡幅工事に伴い、10月23日から24日にかけて山手線内回りの全列車運休を伴う線路切換工事がある(PDFファイル)そうです。山手線が2日も止まるとなると大きな影響ですね。

内回りはこの間、大崎-品川-東京-上野-田端-池袋までを周る運転だそうです。外回りに関しては大崎-新宿-池袋も運転するそうですが、内回りが池袋で折り返して外回りになり、それがまた大崎で折り返して内回りにならなければならないので、大崎-新宿-池袋に関しては外回りも列車本数がそこそこ減るようです。

埼京線や湘南新宿ラインが引き続き運転しているので、この区間を内回り方向に移動できなくなるわけではないですし、振り替え輸送も用意されているようです。そして特に注目なのが、山手貨物線を経由して新宿-品川で臨時列車が走るということです。山手貨物線を通る旅客列車は、埼京線や湘南新宿ラインなど多数が運転されていますが、そうした列車のほとんどは大崎の構内からいわゆる品鶴線方向へ走り、蛇窪信号場へと向かいます。しかし今回走るのは大崎から品川へ向かうルートであり、この区間には普段は「成田エクスプレス」しか定期列車の設定がありません。普通列車でこの区間に乗れるというのは極めて貴重です。

この区間に充てる編成は何でしょうね。山手線用のE235系はATCしか搭載していないはずなので、ATS-Pが必要なこの区間を走行できないはずです。埼京線用E233系を使って、新宿折り返しをしていた埼京線の列車を品川まで延長運転するのではないかと予想するのですが、どうでしょうか。ダイヤ的に、大崎近辺は平面交差支障も絡むので難しいはずで、この臨時列車設定に当たってはかなり綿密な計画が組まれているはずです。成田エクスプレスのスジを使えれば楽ですが、果たしてどうなのでしょうかね。

当日はかなりのファンが訪れそうです。

この記事へのコメント

旅の途中のとおりすがり
2021年07月20日 19:41
今回、臨時列車が走る(そして普段から成田エクスプレスが走っている)ルートは、大崎駅構内においてホームがないので、大崎は通過とせざるを得ません。この駅の埼京線・りんかい線・湘南新宿ラインのホームは折り返しがあったりして忙しいので、成田エクスプレスのルートは別の線路に分けてあって、そちらは停車する必要のある列車が走る可能性は低いのでホームは設置しなかったのでしょうね。

山手貨物線が旅客化されるなかで各駅に旅客ホームが設置されていきましたが、大崎はこれの最後で、りんかい線開業のとき(2002年)でした。それまでは、新宿以南に延長された埼京線も客扱い上は恵比寿始発・終着で未だホームのない大崎まで回送して折り返したり、運転開始当初の湘南新宿ラインは恵比寿の次の駅が西大井だったりしていました。
Tamon
2021年07月21日 18:00
湘南新宿ラインが大崎を通過していたのは知りませんでした。ホーム設置が間に合わなかったんでしたっけ。埼京線が恵比寿発着だったのも懐かしい話です。