鉄道模型フェスティバル

阪急百貨店で鉄道模型フェスティバルが開かれているそうです。王子公園駅を再現したNゲージレイアウトがあるそうで、これは楽しそうですね。

王子公園駅のところは、駅そのものよりも、駅より三宮方の斜めの道路と交差しているアーチ橋が名物ですね。あれを綺麗に構築するのは難しいわけで、模型にするのも大変だったのではないでしょうか。設計自体がそう簡単には綺麗に行きませんしね。

神戸市内高架線とはまた面白いところですね。阪急は、神戸市内への乗り入れに際して神戸市から地下化を強く求められ、採算面で厳しいからと、当時の鉄道省(国鉄)が高架線で神戸市内を通過するように改築工事をしていたことに合わせて何とか高架で認めさせたという経緯があります。そのために、春日野道のあたりからJR線と完全並行で横を走っているのですね。省線の隣なら、市街地を分断するような効果が拡大することはない、という理屈です。阪神はこの要求に抵抗せずに地下線にしたから三宮が地下駅なのですね。

事前予約制になってしまって、時代を感じさせます。これを見に行く機会はちょっとなさそうですね。

この記事へのコメント