七尾線減便開始

JR西日本の金沢支社でCOVID-19のクラスターが発生してしまい乗務員が隔離となり、七尾線の減便運行が始まったそうです。

喫煙所で感染が広がったそうです。喫煙所ではマスクを外しますものね。それに会話が加わると覿面という感じです。しばらくは個室のような喫煙所にするか、外に行くしかないかもしれません。

事業継続計画(BCP)が用意されていたのでしょうか。新型インフルエンザのときに、各事業者とも減便ダイヤを準備していたという話がありました。今回のCOVID-19に関しても、JR北海道の函館本線長万部-小樽間や、東京都交通局大江戸線などで乗務員のクラスターが発生して、しばらく減便ダイヤになったことがありました。その時も、実は事前に準備されていたというような話が出ていました。

希望者には運賃の無手数料払い戻しがあるとともに、減便対象となった普通列車を普段利用していた人は指定された特急列車を料金なしで利用できるのだそうです。後段の措置は面白いですね。北海道だと、もう特急停車駅以外はほとんど利用者がないので、全部特急列車に統合してしまって、地元の人だけ料金なしで利用できる制度にしたら、なんていう話も出ていますが。

しかしこういう状態はいつまで続くのでしょうか。

この記事へのコメント