塗料処分

かつては鉄道模型の製作・改造をかなりやっていたのですけど、もうすっかり忙しくなってしまってこのところまったく手を付けられずにいます。そのため、妻からの持ち物を減らせという圧力もあって、関連の物品をかなり処分することになりました。模型そのものは残してありますけど、製作・改造に使っていた塗料を今回全処分することに。

私はスプレーガンは導入していなかったので、塗料はわずかな瓶入り筆塗り塗料以外はすべて缶スプレーです。もう10年近く放置していたので、さすがにもう中で固まっていてろくに出てこないのでは、と思ったのですけど、庭に出てごみ袋の中でスプレーの穴あけをやってみると、大量の塗料が噴出してきました。10年経ってもちゃんと使える状態だったのには驚きです。

これに合わせて関連の物品も処分することにしたので、大きく持ち物を減らすことができ、衣装ケース1個分がなくなりました。処分できない模型本体や部品類は、衣装ケース2個分あり、クローゼットの一部を借りて保存することに。実は、ほとんどの模型は実家に保管してあるので、実家では物凄い量があるのですが、これはとてもこちらに持ってくることができません。今後どうしたものかと思いますけど…。

この記事へのコメント