えきねっととEX予約の相互発券発表

JR東日本/JR東海から、えきねっととEX予約の相互発券ができるようになる(PDF)と発表がありました。これまで、頑なに両者のネット予約サービスは相互利用ができなかったのですよね。モバイルSuicaを利用した東海道新幹線のEX-ICでの利用とかのサービスはありましたけれど。

えきねっとで予約したきっぷは、JR東海の主要駅の券売機で受け取れる一方、EX予約で予約したきっぷは、東京都区内、横浜・川崎市内、小田原、熱海の各駅のみで受取だそうです。なぜJR東日本管内全体ではないのでしょうね。特に、埼玉県や千葉県などからもそこそこ東海道新幹線への利用がありそうなものですけれど。ハードウェアの改修が必要になってしまって、その改修量を抑えるために一部の駅からだけ対応したとかそういうことなのでしょうか。ソフトウェアだけで行ける気もしますけど。

まあ、紙の切符を受け取ること自体がもう例外的になっていくのかもしれません。私ももう長らく紙の切符で東京へ行くことがありません。新幹線はEX-ICですし、在来線はSuica/ICOCAです。紙の切符は珍しく企画乗車券を購入した時くらいでしょうか。ICカードで乗るつもりなら、最初にカードさえ用意できていれば、何とでもなるわけですからね。

10年以上前に実現していてしかるべきサービスだった気がしますが、ようやく実現した感がありますね。

この記事へのコメント