山陰本線減便見込み

COVID-19問題による減便が全国で相次ぐなか、来春のダイヤ改正で山陰本線亀岡-園部間の昼間列車本数が半減する方向なのだそうです。現状毎時快速1本、普通1本を双方向に運転しているのが、半減ということになれば、快速の日中運転中止ということになりますね。

この区間は、せっかく京都府が一部費用を負担して複線化したのに、という感はありますね。日中だけとはいえ、1時間に1本なら複線の意味があまりありません。まあ、需要は朝夕に集中しているのでしょうけれど。園部までは結構な距離があるので、快速なしになるのは辛いですね。ますます自家用車に流れてしまうのかもしれませんが、自家用車を使える層はもう移行しきっているということもあるのかもしれません。特急列車が少しでも補完できればいいのですが、この区間は特急も1時間に1本体制ではないのですね。

この分では、複線化工事の進む奈良線もどうなるのか心配です。単線の多い中でかなり頑張ったダイヤを設定して、宇治で緩急結合するとか見事なものでしたけど、複線化してもあまり積極的なダイヤ設定をできないのでは、と思ってしまいます。早く需要が回復してくれるといいのですが。

この記事へのコメント