大阪モノレールに松生町追加

大阪モノレールの門真市から仮称瓜生堂までの延伸工事で、門真市と仮称門真南の間に仮称松生町を追加するそうです。現状、都市計画決定に向けて動いているのだそうです。

このあたりは、パナソニックの閉鎖された工場があるのですが、そこに2022年度開業を目指してららぽーとを建設する計画が進んでいるのだそうです。なるほど、モノレールの駅が近接していれば集客上も有利ということですね。おそらく、ららぽーと側が建設費をかなり負担するのではないでしょうか。もっとも、ららぽーと開業は2022年度ですが、モノレールの開業はまだはるか先の2029年度なのですよね。

しかし、ららぽーとも堺に建設する話も進んでいるのに、あちこち造るものです。この門真のららぽーとはかなり規模が大きいようです。ますます商業的に激戦になるという感じですね。私の住んでいるところからでは、なかなか利用するという感じにはならない距離ですけど。さすがに巨大都市圏に住んでいるだけあって、その恩恵をいっぱいに受けて、充実した商業施設があっていいですね。

大阪モノレールも、南の方への延伸もですが、大阪空港から滑走路を周るか潜って伊丹に来てくれないかなぁ、と思うところですね。構想だけはありますけど。

この記事へのコメント