網干-竜野間に新駅構想

たつの市が、山陽本線の網干-竜野間に新駅を検討すると表明したそうです。こんな話があるんですね。

網干 - 竜野は確かにちょっと駅間距離が長い気がします。網干総合車両センターの脇を延々と通過している感じがしますね。この辺りで線路は太子町を通過しているものの、太子町内に駅はありません。それなら太子町に駅を、と思ってしまうわけですが、実際のところ線路沿いの人家の多さを見ると、たつの市に入ってからの方がありそうなんですね。リンク先の地図にあるような場所よりも、もう少し網干寄りの揖保町松原あたりが人家が多そうに見えます。そのあたりの方が駅間距離もうまく半々になりそうで良さそうなものですが。

記事でも触れられている通り、山陽鉄道が最初に開通した際には揖保川橋梁が未完成で、竜野駅は暫定で揖保川東側に設けられていました。検討されているのはその仮駅のあったあたりということになりますね。仮駅は1年程度しか使われなかったこともあり、きちんとした痕跡もないらしく、実は正確には位置がわかっていないのだとか。地元の書籍によると、当時仮駅を利用したことのある古老に昭和30年代になって聞き取りを行い、後の山陽新幹線と山陽本線の交差地点付近だと特定したとあります。当時だとまだ、山陽鉄道の時代を知る人が存命だったのですね。我々からするともはや神話の世界ですが。

この新駅がどの程度現実性があるのでしょうね。姫路以西でも、はりま勝原が新設されていますし、既に手柄山付近の新駅も決まっています。結構新駅が相次いでいますが、減便という話もあり…。今後どうなるでしょうか。

この記事へのコメント