山手線工事運休

今晩から、渋谷駅の山手線ホーム拡幅工事のために、2日間にわたって内回りの大崎-池袋が運休になりますね。JR東日本は、一気に工事を進めることで工費を安くしようと、大規模な運休を伴う工事をする傾向にあるように思います。

大崎と池袋で折り返すのは、記事にもあるように、ここにしか折り返しができる設備がない、ということですね。普段、車両基地への出入りがある駅ですからここになるわけですね。そして、内回りの電車が池袋で折り返して外回りになり、それがまた大崎で折り返して内回りになるので、池袋-田端-上野-東京-品川-大崎の間は外回りの列車本数がほぼ平常通りになっても、大崎-新宿-池袋は外回りでも少し減ってしまうわけですね。

事前に広報に力を入れていたためか、多くの乗換案内がこの工事運休に対応しているようです。紙の時刻表でも臨時ダイヤが紹介されているとか。本来は、運転整理が行われた時にもすぐにMaaSアプリみたいなもので検索が可能になると良いのですが。

東京にいたなら、新宿と品川を結ぶ臨時列車に乗りに行くところでした。ちょっと残念ですね。

この記事へのコメント