京福電鉄永平寺線跡の無人運転バス

京福電鉄永平寺線の廃線跡を無人運転バスが走っているそうです。ZEN driveというそうで。

カメラで車線を認識して走る方式ではなく、路面に電磁誘導線を埋め込んでいるようです。道路側にサポートするものがあれば、かなり安全に走れますね。しかし、磁気マーカーを埋め込む方式だったトヨタのIMTSでは、愛知万博で会場内を走らせたときに鉄道事業法の事業許可を得たはずなのですが。これは電磁誘導線という固定的なもので走るのに、鉄道にはならないのかという感じもあります。あるいは、そういう法的な硬い解釈をもう止めることにしたのかもしれませんが。

踏切跡を越えて走るときは監視の人が乗りこみ、越えないときは完全無人なのだそうです。まだ自信を持てないという感じでしょうか。遠隔でセンターから監視しているだけでもいい気もしますが。どちらかというと、踏切でやってくる他の車両より、同じ道路を歩いているかもしれない歩行者の方が対策が大変でしょう。また非常時に車内の人をどうやって避難させるかも難しいですね。

もう少し実験的な領域を越えて広く展開できれば良いのですが。ずっと監視の人が付いていなければならない状態では難しそうですね。

この記事へのコメント