名刺乗車券

えちごトキめき鉄道が名刺乗車券なるものを発売しているそうです。100枚の名刺で12000円で、実際にえちごトキめき鉄道での乗車に使えるのだそうです。

記事にもあるように、貰っても実際にはほとんど利用されないであろうことを想定したきっぷなのでしょうが、直江津から市振まで1枚120円相当というのはちょっとやりすぎの気がします。沿線の住民が自分あてに作ったらどうするのだろうと思いますね。記事にもあるように、沿線以外の人が買って1枚ずつ配り、興味を持った人が実際に訪れて利用するのであれば、えちごトキめき鉄道にとってもそれはかえって歓迎という事態なのかもしれませんが。

かつてわたらせ渓谷鉄道で、地元住民の利用を促進しようと1年間乗り放題の定期券を発売してみたら、もともとの需要の多くを占めていた通学の高校生が通学定期券でなくそちらを買うようになり(当たり前ですが)、収入が激減して頭を抱えたという事態がありました。お金の使い道に関しては人はシビアなので、そういうことが起きがちです。結構心配してしまいますね。

結果的にどうであるのか気になります。アイデアとしてはとても面白いですね。

この記事へのコメント