2018年の普悠瑪号脱線事故の刑事責任

2018年に台湾で起きた普悠瑪号脱線事故について、運転士が実刑判決を受けたそうです。明らかに曲線での過速度事故でしたし、保安装置を切っていたので、運転士の責任が重いのは明らかで、実刑判決も致し方ないのかもしれません。 航空事故だとよく、関係者の刑事責任を問わない代わりに正確な事実関係を証言させて事故の再発防止に役立てるという考えが…
コメント:0

続きを読むread more