信越本線豊岡新駅

高崎市とJR東日本が信越本線の新駅の概略設計の協定を結んだそうです。こんなところに新駅構想があるんですね。協定まで進んだということは、単なる構想を脱して具体的な計画として動き出している感じがします。

烏川にかかる新しい橋と組み合わせた計画なんですね。高崎経済大学から1kmだそうですが、都市部だと余裕で歩く距離であるのに対して、歩く習慣のあまりない地方部だと果たしてこの距離はどうでしょうか。ただそれを抜きにしても、この新駅予定地の周辺は結構な市街地で、確かに駅があってもおかしくないですね。

概略設計の協定ということは、JRに委託して新駅の概略設計を行い工費などを見積もるということなんでしょうね。合わせてアクセス道路の都市計画決定の作業もするようで、結構進んでいるようです。国鉄分割民営化の時期に一気に多数の新駅ができましたけど、最近になってまた結構増えている感じがしますね。どういう影響なのかよくわかりませんけども。

この記事へのコメント