北総鉄道値下げ発表

運賃の高額さをよく指摘されてきた北総鉄道が、来年10月から運賃値下げを実施するそうです。累積損失が来年度には解消することから、値下げの公算が大きくなったとこれまで報じられてきましたが、具体的な値下げが決まったようです。

普通運賃はそこまで大きな値下げではなく、通勤定期もそう大したことはないのですけど、通学定期の値下げが凄いですね。64.7パーセント値下げとは。京成高砂-印西牧の原で1か月定期が14990円から4990円というのはほぼ3分の1なわけで、見違えるような運賃です。これは特に高校生を抱えるような家庭では大きな福音です。

ちょっと驚くばかりなのですけど、それだけ資本費負担が大きかったということなんですね。その対策をしっかりして開業したつくばエクスプレスが最初から運賃を妥当な水準に抑えられたのもよくわかります。

運賃が下がると、転入者が少しは増えるでしょうか。沿線の発展ぶりがどうなるのか気になります。東葉高速鉄道や埼玉高速鉄道でも同様のことが将来できるでしょうか。

この記事へのコメント