2030年度末までの大阪までの北陸新幹線整備目標

北陸新幹線の建設促進同盟会が、2030年度末までの大阪までの全線整備を図るという決議を採択したそうです。 目標を打ち出すのはいいことですけど、まずは予算なので…。とにかく政治家が覚悟を決めてばさっと予算を付けてくれないことにはどうにもなりません。もう既成新幹線のJRへの売却収入は使い切っているのですし、JRが整備新幹線に対して払う…
コメント:0

続きを読むread more

給付金

生活困窮者と子供に対して給付金を出すという話がまた出ているようです。総選挙の公約をどう実現するかで自民党と公明党が協議しているそうです。生活困窮者の方はうちはどう見ても対象外なのですが、子供に関してはいますので対象になりそうです。 今のところ18歳以下の子供が対象になりそうで、所得制限を付けるか付けないかを議論しているものの、こち…
コメント:0

続きを読むread more

小田急の小児運賃50円均一化

小田急電鉄が来年春から、小児のIC運賃を一律50円にするそうです。現状いくらくらいだろうと思って新宿から小田原を調べると、IC運賃で大人891円、子供445円ですね。これも50円で乗れるということですか。これはまた非常に安く設定したものです。 実際問題として、鉄道会社の収入に占める小児運賃というのはかなり少ないのでしょうし、一方で…
コメント:2

続きを読むread more

圓教寺・フラワーセンター・鶉野飛行場跡

両親が来訪した週末の2日目。姫路のホテルを出発し、まずは朝食で喫茶店のモーニングへ。その後書写山圓教寺に行きました。私はかつて姫路駅からバスで来て拝観したことがあります。 今日は歩くというので、ロープウェイで登った山上で、圓教寺の送迎マイクロバスに乗らず、30分ほどかけて歩いていきました。高低差もかなりあっていい運動です。山の上に…
コメント:0

続きを読むread more

赤穂海浜公園

COVID-19感染が落ち着いていることもあり、この時期に招いておかないといつまた感染が広がって会わせる機会がなくなるかも、ということで、両親をこちらに招いて娘と会う機会を設けることにしました。今日の飛行機でやってきて、私の車に乗せて西へ走り、娘を途中で乗せて、4人で赤穂海浜公園へ行ってきました。 赤穂海浜公園は入園料などはなく、…
コメント:0

続きを読むread more

長万部-小樽間の検討

北海道新幹線の並行在来線のうち、長万部-小樽間の検討が進んでいるようです。全線鉄道存続、余市-小樽のみ鉄道存続、全線バス転換の案を検討しているようです。 まあ、この区間でどのように枠組みを作ったとしても鉄道が黒字になるわけがない場所です。上下分離にして、線路使用料を全額減免しても無理ではないでしょうか。バス転換してもこの輸送量だと…
コメント:0

続きを読むread more

大分駅開業110周年

11月1日が大分駅の開業110周年だったそうで、歴代駅長12人が出席して出発式を行ったそうです。鉄道はこの手の行事が好きですね。 鉄道だと、キャリア採用(大卒の本社採用総合職)の人が現場の駅長に就くこともありますけど、普通は現場からのたたき上げの人が就くポジションです。そして大分のような規模の大きな駅(JR九州で最大ではないとはい…
コメント:0

続きを読むread more

ベトナム南北高速鉄道の着工見込み

ベトナムで南北高速鉄道を2028年頃に着工予定なのだそうです。着工期日が随分先なのはまた日本と似たようなところがあります。中国だと、もうできたよ、と言いだしそうな感じです。 総延長1,545キロメートルでは、さすがにどんなに高速化を図ったとしても、ハノイとホーチミンの間の需要はほとんど航空機に流れてしまうでしょう。そう考えると中間…
コメント:0

続きを読むread more

ドアコック

京王線の刺傷・放火事件について、その後の情報がいろいろ出てきています。 運転士も車掌も、非常通報装置が扱われたために車内で何か起きているようだと気づいたものの、うまく通話ができずに状況を把握できていなかったとのこと。しかし非常通報装置が扱われたので次の駅に停車させようとしたということで、国領に止まったのは偶然ということになります。…
コメント:5

続きを読むread more

愛知県の遊具の鉄道

かつて愛知県に、遊具の鉄道が山道を横切っていた場所があったという記事です。写真が出ていますが、よりによって「きかんしゃトーマス」なのでインパクトがありますね。 日本モンキーパークの豆汽車の線路の一部が園外に飛び出していて、それが一般の山道を横切る踏切になっていたのだそうです。遊具の鉄道は完全に園内に閉じているものだと思っていました…
コメント:5

続きを読むread more