長島旅行

今日は、当初の計画では甑島に行ってみようかと考えていました。薩摩川内市に属する東シナ海に浮かぶ離島で、上甑島、中甑島、下甑島の大きく3つの島で構成されており、昨年ついに全島を結ぶ橋が完成しました。それで橋の見物がてら、行ったことのない甑島に行ってみようという計画でした。しかし、年末年始は島にあるレンタカー店が軒並み休みになっており、また自家用車を持ち込めるフェリーは時刻設定が悪くて日帰りで行って観光して帰ってくるようなダイヤではないので断念しました。なお、今日は悪天候で乗るつもりだった高速船が欠航になってしまったので、結局行くことはできなかったことになります。まあ冬に行く場所ではないのかもしれません。

代わりに、長島に行くことにしました。鹿児島県のほぼ最北端にあり、本土からすぐ沖に浮かぶ島です。こちらは私が生まれるよりも前に黒ノ瀬戸大橋で本土とつながっており、私が中学生の頃に橋が無料開放されており、過去に行ったこともあります。

実家からは、北薩横断道路を通っていく道のりです。道が一番険しくなる峠のところだけできていて、ほとんど高速道路です。おかげで割と早く到達できました。黒ノ瀬戸大橋を渡ったあたりでご飯を食べました。

伊唐大橋を見に行きました。長島の北側に浮かぶ小さな離島伊唐島に通じる橋で、大きな斜張橋です。島の人口が少ないので、かなり叩かれた公共事業ですけど、まあ綺麗な海に綺麗な橋が架かっていて、見栄えのするところでした。橋をいろいろな角度から見られるのがいいですね。

続いて竹島大橋を見ました。これはさらに凄いことに、無人島に架かっています。もともとその島に漁業関係の施設が置かれていたので、行き来ができるように架設したようです。それほど大きな船が通航するとは思えないのに、海面からの離隔を十分とっていますし、一方で両岸は漁港なので海面からの高さがあまりなく、結果として両岸からかなり急勾配で上り、しかもカーブを描いているというなかなか見事な橋でした。

そして乳の瀬橋です。こちらはあまりいい角度から見ることができませんでした。こちらも諸浦島に架かっている橋ですが、あまり距離はないです。長島近海だと他に獅子島という有人離島があり、諸浦島の先からフェリーで渡るのですけど、こちらも架橋運動があります。しかしこのあたりの離島の中でも距離が離れているので、さすがに難しそうですね。

ということで、今日はあちこちの橋を見て帰ってきました。

この記事へのコメント

旅の途中のとおりすがり
2021年12月31日 12:39
長島からは天草の牛深の方への架橋構想もあるのですね。こちらも結構距離がありますが行き止まりの獅子島よりは未だ需要が見込めそうでしょうか。
Tamon
2021年12月31日 14:30
鬼池-口之津の架橋と合わせて三県架橋と呼ばれる構想ですね。確かにこちらの方が需要が多そうですし、観光ルートを形成できるのですが、かなりの長大架橋となることに加えて、もともと西九州と南九州の間の交流はそう多くなく、しかも前後の高規格道路を整備しない限り今まで通り鳥栖ジャンクションを回って高速道路を走る方が移動が速いという問題があります。