中国・ラオス鉄道12月3日開通

中国・ラオス鉄道が12月に開通するそうです。開通日は3日という別記事が出ていますね。

凄い山岳地帯にえんえんと高架橋とトンネルを建設してよく造ったものです。全長が1022kmもある鉄道を一気に造ってしまうのがなんとも。内陸国で交通手段に恵まれなかったラオスが、これで一気に物流の面では改善されるということでしょうか。それでもまだ中国側にしか出られないし、出たところで中国の奥地の昆明なんですが。旅客輸送は航空機でも十分ですしね。昆明を夜出発して翌朝にビエンチャンというダイヤだそうで、夜行列車なんですね。

今後、本当にこの巨額の建設費に見合う経済効果を出せるのかが気になります。物流が改善すれば、人件費の安さを狙って工場が進出してくるようなことがあるのでしょうか。

この記事へのコメント