埼玉高速鉄道沿線の居住検討の記事

東京地下鉄南北線が品川へ延伸することが決まり、南北線の乗り入れ先の埼玉高速鉄道沿いのマイホーム検討の記事が出ています。まああまり大した記事ではないのですが…。

埼玉高速鉄道というと、やはり運賃が高額な印象があって、あまり沿線に住みたい感じはしませんね。しかし通勤するなら、通勤手当は会社が支給するものだから、あまり関係がないという感じかもしれません。家族で住むのであれば、さすがに都内だと家賃や購入費が非常に高くなってしまいますからね。埼玉県内なら不動産価格はだいぶ違います。しかし、子供が成長して通学するとなると、それはそれで通学定期の負担が大きいのかもしれません。

私は大学時代の東京在住だったので、どうしても1人暮らしの視点で見てしまうのですよね。運賃を自己負担する観点だと、たとえ家賃が安かろうともわざわざ遠くに住んで高い運賃を払いたくないわけで。なので23区内在住でしたね。やはり利便性的にも圧倒的でした。

しかし、南北線が品川に延長するからといって、実際に品川へ直通利用することがどれだけあるものでしょうかね。埼玉高速鉄道線内から品川までずっと乗っていくと相当な時間がかかるので、あまり地下鉄で乗り通す気がしません。やや駅が離れているのがネックですけど、赤羽岩淵で降りて赤羽へ歩いて、上野東京ラインか埼京線に乗れば、もっと速くたどり着けるはずです。つくづく地下鉄が赤羽駅そのものを通ってくれなかったことが残念です。次のJRとの連絡駅の王子になると、京浜東北線しか乗れないのですよね。

まあ、もはや東京に住むこともない人間にとっては、そんな考えもあるかという感じではあります。

この記事へのコメント