北海道新幹線の高速化発表

北海道新幹線の最高速度を320km/hに引き上げることが正式に決まったようです。5月13日に国土交通省にJR北海道が伝えたそうで。

やはり防音壁や緩衝工に追加工事が必要になるようです。工費が120億円程度とは結構な額ですが、それで短縮できるのが5分程度というのがなんとも…。しかし、240km/h対応から275km/h対応へ35km/h程度の引き上げをしただけで7分短縮できるとされている上越新幹線に比べても、あまりに効果が低い気がしますね。上越新幹線の大宮-新潟間は269.5kmであるのに対して、北海道新幹線の新函館北斗-札幌は212kmなので、やや短い分所要時間短縮効果が小さくなるのでしょうけれど、それでも60km/hも最高速度を引き上げておいてこれか、という感があります。各駅停車を前提としているのでは、と思ってしまいます。まあ詳細なランカーブを引いて検討してみないことには確たることを言えないわけですが。

東京-札幌間の所要時間は、当初5時間1分程度とされていました。おそらく新函館北斗までの最速が4時間2分だった頃に計算した値なので、新函館北斗-札幌は59分という見込みだったのでしょう。青函トンネル内の増速で既に4分短縮が発表されており、盛岡-新青森の320km/h化では6分短縮、大宮以南の増速で1分短縮とされてきました。これに今回の発表を足すと、全部で16分縮まるわけで、とりあえず4時間45分になる、ということでしょうか。

しかしこうしてみると、盛岡-新青森は178.4kmしかないのに、同じ260km/h→320km/hの加速で6分短縮を見込んでいるところを見ると、やはり新函館北斗-札幌の短縮見込みは控えめに見積もられているように思います。もう少し短縮してくることを期待したいところです。

"北海道新幹線の高速化発表" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント