東京高速道路の緑化・遊歩道化を検討

小池都知事が、東京高速道路の緑化・遊歩道化を検討すると発表したそうです。これ以前に中央区の区長が提案していた内容だそうですが。

東京高速道路は民間の会社で、両端を首都高に連絡する一般自動車道を運営しています。この区間は無料で通過でき、東京高速道路は道路の下のビルを運営して得る収入で成り立っているという面白い存在です。ビルの屋上に道路が敷設されているという感じでしょうか。

ハイラインに倣ってということですね。こちらはニューヨーク・マンハッタンの西側にある高架の貨物線の廃線を遊歩道化した施設で、私も訪問したことがあります。歩いている人も多く、周辺の活性化にも貢献したとか。旧来の工場が商業施設に転換されているところなどがありました。

銀座の場合、別に荒れ果てた地区があるわけではないのですけど、歩いて回遊できる目先を変えたルートを設定できるなら、それはそれで観光に貢献するかもしれません。あるいは、老朽化してきた東京高速道路の改修費用を出したくないとか、そういう話なのかもしれませんが。

"東京高速道路の緑化・遊歩道化を検討" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント