インターチェンジ改称

高速道路のインターチェンジ改称に関する記事が出ています。「高速道路の「インターチェンジ改名」が珍しい訳」というタイトルにしていながら、全文を読んでも結局改名が珍しい理由ははっきりとは説明されていないという、この手の記事によくある内容になってしまっています。

しかし、ICの改称例が実質2例しかないと説明されているのは貴重な話です。この筆者が確認している限り、とは言っていますが。駅名が割と改称されているのに対し、ICはほとんど改称されないんですね。龍野関連の字体変更が他に2例あるようですが。今年と来年の改称はPA/SAだそうですし。

実際の利用度に拘わらず、今でも鉄道の駅の方にシンボル性を求めてしまっていて、駅名を都合の良いものに変えようという動きが強いから、なのでしょうか。ICの名前は、放送などで事故や渋滞の際に読まれることはあるでしょうし、カーナビが読み上げることもあるでしょうが、駅名を車掌が車内で放送することに比べるとインパクトが低い、みたいな感じでしょうか。みなとみらい線が開業した際に終点の駅を元町・中華街にさせたことで、渋谷まで「元町・中華街」が連呼されるようになって、中華街への来客がどっと増えたという話もありましたし。

皮肉な例が米原ですよね。もともと地元の地名は米原町(まいはら)だったのですが、鉄道の駅名はなぜかそれを無視してまいばらでした。高速道路のICとJCTは地元の地名にあわせてまいはらと呼んでいたのに、市制を施行する際に鉄道の駅名に合わせてまいばらに改称してしまった、という。高速道路の方が置き去りにされているわけですが、これは改称しないのでしょうか。

こう考えてくると、高速道路版の『停車場変遷大事典』みたいなのは成立しにくいのですかね。

"インターチェンジ改称" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント