北条鉄道の新閉塞システムに全日本建設技術協会賞

北条鉄道の列車交換設備設置に際して新たに開発された閉塞システムが全日本建設技術協会の賞を受けたそうです。ICカードを利用した閉塞ということで、鉄道ファンからも注目が集まっていました。

票券指令閉塞式というものだそうで、票券というと昔ながらの閉塞のようですけど、それに指令という言葉をくっつけたんですね。しかしやっていることは、電子閉塞において無線で出発要求を出しているところをICカードに置き換えたものに思えます。特殊自動閉塞の一例ではないのかと思ってしまいますね。

交換設備を従来のやり方で整備すると4億円程度かかるが、このシステムを使って安くできた、ということは、信号設備の費用が高いということですね。全線に軌道回路を入れるような単線自動閉塞と費用を比較したのでは、と思ってしまいます。駅に交換用の線路を設置して、転轍機を連動させる費用というのは、大きく変わらないと思いますし。

しかし、定年退職した後輩にボランティアで作ってもらったというのも…。こういうものはきちんとお金を払ってほしいものですね。

"北条鉄道の新閉塞システムに全日本建設技術協会賞" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント