鉄道運賃改定の動き

鉄道の運賃改定の動きが出ているようです。新幹線の指定席特急券の繁忙期価格が来年春から上がるそうです。現状は繁忙期は通常期より200円高く、閑散期は200円安い設定です。これをもっと大きな値にする、ということですね。かつては100円差だった時代もありました。

まだJR各社で検討中とありますが、もう決定事項のように話しているのは何でしょうね。方針ではJR各社で一致しているが、詳細が決まらないということなのでしょうか。航空機の極端な価格差を考えれば、500円とか1000円変わってもいいような気もしますが、しかしそういうことはネット予約のダイナミックプライシングでやるべきことのようにも思えますね。紙の乗車券・特急券はもっと全体に値上げして、ネット予約で勝負するという方向が妥当になってきているのではないでしょうかね。

ただ、盆暮れ正月の帰省というのは時期をそう簡単に変えられないものの気がしますよね。そうなると混雑分散の効果は限られるかもしれません。

さらに通勤定期券もピーク時には値上げする方向だそうです。これも検討中だそうで。これについてはたいていは会社から支給されるものなので、本人にとってはさほど痛くないのかもしれません。通勤輸送は特に鉄道会社に大きな負担になっている輸送なので、ピーク分散ができればメリットですが、そもそも会社がこの程度の負担を嫌って勤務時間帯を変えるほどのことがあるか、という問題がありますね。

戦時体制で国が音頭を取って強制的に勤務時間を調整して、通勤ピークを下げるオフピーク化を行ったことがあるそうです。しかし、特に事務系の仕事は他所との連絡を取りづらくなってしまうので、同じ時間帯で勤務しているメリットがあるらしく、強制力が働かなくなると戻ってしまったのだとか。会社からすると勤務効率が大事で、社員が通勤の時に苦労するのは容認されるのですね。

経済学の人は、価格差を付けて誘導することが好きですが、実際にはなかなか難しいのですよね。

"鉄道運賃改定の動き" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント