1か月点検

新車の1か月点検でディーラーに車を持ち込みました。この1か月の間、この木曜日に南丹市に私が出かけたのがせいぜいでしたから、走行距離は170キロメートル程度でしかありません。そんな程度で不具合が出るはずもなく。担当営業さんも、まだほとんど乗ってませんねと反応する程です。

このところ、東南アジアのロックダウンで自動車部品工場が止まっていて、既に問題になっていた半導体の供給不足どころではないという状態になっています。トヨタも既に大規模な減産を発表していましたが、ホンダも工場が止まりますし、スズキやスバルも発表していますね。営業さんからも、こちらから聞くまでもなく、工場が止まって売るものがないと困った調子で話が出ていました。ワイヤーハーネスのような基本的な部品がなく、国内代替生産も困難なのだそうで。まあ経済的には大変な話です。

軽自動車のN-BOXなど、年内は残り200台しか生産できないと通知があったそうです。大量に売れている車種ですから、そんな台数は1日で売れてしまいます。もう受注はしても納期を答えられない状態なのでしょうね。おかげで、中古車の需要が高まって、値段が上がっているようです。それも見る間に売れていくとかで。

それからすると、私は注文して1か月経たずに車を受け取りましたし、本当にタイミングが良かった感じです。腰を上げるのが少し遅かったら、年内には手に入らなかったかもしれません。何でも運とタイミングですね。

"1か月点検" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント