ドアコック

京王線の刺傷・放火事件について、その後の情報がいろいろ出てきています。

運転士も車掌も、非常通報装置が扱われたために車内で何か起きているようだと気づいたものの、うまく通話ができずに状況を把握できていなかったとのこと。しかし非常通報装置が扱われたので次の駅に停車させようとしたということで、国領に止まったのは偶然ということになります。しかし、途中でドアコックが扱われてしまい、力行回路がカットされてしまったので、再加速できずに手前で止まってしまい、さらには勾配で逆戻りまでしてしまったようです。ドアコックは勝手に扱うべきではないですが、あまり変な照査を入れるといざというときに使えないかもしれず、難しい問題です。

停車しても、ホームドアと車両のドアがずれていたために、安全に降車できないと判断して車掌はドアを開放しなかったのだとか。結局これについては、今日の国交省からの指示でドア開放をすることになったようです。しかしどの場面でドアを開けなければならないのか、判断が難しいところです。

ドアコックについては、新幹線で走行中にドアを開けて飛び降り自殺をするという事件が発生したために、新幹線では速度照査をしています。ドアコックの蓋に錠がかかるようになっていて、停車時にだけ蓋が開く構造のようです。これで確かに勝手に扱われることは防げるものの、いざというときに本当に錠が外れるだろうかという不安もありますね。

結構難しい問題が多くて困りものです。

"ドアコック" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント