テーマ:鉄道

シーサイドライン逆走事故自動運転再開見込み

6月1日に逆走事故を起こして、その後手動運転で運行を再開したために35パーセント程度の減便が続いている横浜のシーサイドラインについて、まもなく無人運転を再開するそうです。暫定対策ができたということでしょうか。 その後いろいろと明らかになってきましたが、やはり鉄道の設計をずっと見てきた人間から言えば、本当にあり得ない設計でした。最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国鉄・私鉄・JR 廃止駅の不思議と謎

『国鉄・私鉄・JR 廃止駅の不思議と謎』を読み終わりました。新書なので気軽に読めるサイズでした。ただそのためか、参考文献が一切付されていないのはちょっと嫌ですね。 日本国内の各種廃止駅について、その経緯や特徴などを、1駅につき2-3ページくらいずつ解説していった構成になっています。廃止駅を全列挙するような試みはしておらず、単に特徴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架線やパンタグラフの損傷検知技術

昨日の夜、新大阪駅で新快速電車のパンタグラフが損傷していて、大きなスパークを上げながら出発していくところを駅員が非常停止させたそうです。このためにかなりのダイヤ乱れになったようですが、実際のところパンタグラフが損傷したまま走ってしまうと、広範に架線を壊してしまって、さらに運転再開に時間のかかる大乱れになってしまうので、この段階で止められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピック時の鉄道大混雑への対応

来年の東京オリンピックに関して、鉄道の大混雑に関する記事が出ています。正直、どの程度混雑するのか、まったく読めないですね。 一応混雑予想は公開されているようです。しかし、外国からオリンピックを観戦にやってくる人は、普段の東京の混雑に対して純増となるのでしょうが、東京に住んでいてオリンピックを見に行くという人は、普段の通勤通学を休ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾高速鉄道南側の延伸案

台湾高速鉄道の南側の延伸について検討されているそうで、ルートについて既存の2案に加えてさらに2案が追加されて4案が検討されているのだそうです。現状では高雄の少し北側の左営駅で止まっています。 1案の、左営より北側で分岐して屏東へ、というのはちょっと考えづらい案ですね。もちろん建設距離は短くなり費用は安いのでしょうけれど、分岐路線で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎トンネルボーリング貫通事故

昨日、長崎本線の長崎トンネルにおいて、トンネル上部で井戸の試掘作業をしていたボーリングが貫通して特急列車に接触する事故があったそうで、どうも使った地図が間違っていたのではないかという話になっているようです。掘削に使った地図ではトンネルから離れた場所だったはずが、JR九州の管理する地図だとトンネル直上だったのだそうで。国土地理院の地形図が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HS2

イギリスの高速鉄道HS2がようやく実現へ向けて動き出したようです。ロンドンと英仏海峡トンネルを結ぶ既に営業している高速鉄道がハイスピード1(HS1)と呼ばれているので、それにつぐ第2路線ということでHS2ですね。ロンドンから北部へ伸ばす路線網です。 会員限定の部分にもいろいろ書かれていますが、やはりイギリスの鉄道網の立ち遅れは否め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥薩線の近代化遺産

『肥薩線の近代化遺産』を読み終わりました。本自体は2009年に発売されたもので10年も前のものですが、このほど古書で入手して読みました。 単に古い施設の写真を撮って載せただけとか、通り一遍の簡単な説明があるだけとか、地元の人のエッセイみたいな解説があるだけとか、そういう本を警戒してしまうのですけど、この本はかなりしっかり調べ込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港MTRのCBTC試験中事故の原因

この3月18日に、香港MTRでCBTC制御下で列車が衝突して脱線するという事故がありました。試験運転中のことであったため、運転士が負傷しただけで旅客に影響はなかったのですが、CBTCの制御下でなぜ衝突事故が起きたのか、と不思議になって思っていました。 このほど、International Railway Journal誌で、タレス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

常磐線特急運転再開見込み

福島第一原発事故に伴う常磐線の一部不通区間の復旧工事が進められ、来年3月には運行を再開する予定になっていますが、東京から仙台を直通で結ぶ特急列車を運転することが発表されたようです。地震の前にも上野から仙台への直通列車が、わずかですが設定されていましたが、再開されるようですね。この間に上野東京ラインが開通しているので、震災直前にはなかった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国の地下鉄の赤字

中国のほとんどの地下鉄が赤字という記事が出ています。まあ、今時鉄道を新たに建設して純利益の出るところなど、世界中でほとんどないので、そんなものかとも思われます。 しかし、1人キロ当たりの運営経費は平均0.84元、営業収益は0.48元というのは本当なのでしょうか。普通は鉄道は、当初の建設費が非常に高く、その減価償却と利子負担に苦しむ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JR北海道小山副社長インタビュー

JR北海道の小山副社長のインタビュー記事が出ています。新幹線の高速化、ホテル事業の展開、駅周辺の再開発なども触れていますが、新千歳空港駅の改良構想に触れていることに注目してしまいました。 まだ検討する、という段階ですけど、苫小牧方面へ貫通する構想は一応持っているのですね。国鉄時代に新千歳空港計画が出たときに、最初から構想はしていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽沢横浜国大駅の表示された路線図

消費税増税に伴う鉄道各社の運賃値上げが続々と発表されています。その中で、JR東日本の発表(PDFファイル)の中に含まれる電車特定区間を示した地図に、羽沢横浜国大駅が描かれていると話題になっています。消費税増税は10月1日実施で、羽沢横浜国大駅は11月30日開業のはずなので、やや実施日はずれるようですが。 この地図ではグレーで路線が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年2兆円

自民党の西田昌司参議院議員が、整備新幹線に年2兆円投入するべきと主張したそうです。これはまたドラスティックな案ですね(苦笑)。 現状、まったく整備のめどが付いていない新幹線の基本計画線ですが、計画が定められている路線は約3000キロメートルあるとされています。営業中の路線および建設が進んでいる整備新幹線は別としてです。現状、新幹線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州新幹線不発弾処理に伴う区間運休

明日は九州新幹線で、不発弾処理作業に伴う運休があるそうです。薩摩川内市で500kg爆弾が見つかったそうで、処理時間帯にかかる列車は熊本折り返しになり、熊本-鹿児島中央は区間運休となるようです。 JR東海浜松工場で艦砲射撃の砲弾の不発弾が見つかった時には、東海道新幹線では遅らせて対応していた記憶があります。短時間で処理が終わる見込み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電鉄は聖地をめざす

『電鉄は聖地をめざす』を読み終わりました。日本の電鉄網が、都市間連絡および郊外における住宅開発の2つの類型だけに分類されるものではなく、当初は社寺参詣も大きな類型であったのだ、ということを主張して書かれた本です。 もちろん、参宮鉄道のように名前からしてそのままの会社もありますし、蒸気鉄道の時代には枚挙にいとまがありません。この本で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一白川橋梁の進捗

2016年の熊本地震で被災して不通のままの南阿蘇鉄道について、第一白川橋梁の記事が出ています。この秋から架け替え工事だそうです。9月には新しい設計がまとまるそうで。 現行の橋は、開通時に架けられた優美なバランストアーチで、推奨土木遺産にも指定されていましたが、被災したことで、そのまま使用することは現実的ではないとされ、架け替えとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けいはんな線延伸新祝園案

京都府の精華町が、近鉄けいはんな線の新祝園までの延長を求める決議をしたそうです。高の原までの延長が計画にあると認識していたのですが、新祝園の可能性もあるんですね。 高の原も新祝園も、近鉄京都線にある駅で、距離的にそう離れているわけではありません。しかし、現状のけいはんな線終点の学研奈良登美ヶ丘から素直に延長すると高の原なんですよね…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JR九州株主総会

JR九州の株主総会が21日にあって、株主提案は否決されたそうです。ファンド側は自社株買いによる利益還元を求めていたわけですが、ファンドが自社の名義ではない株を保有していた関係で議決権を拒否されて、実際には自ら賛成票を投じることはなかったようです。また経営陣は株主に電話をかけて反対するように要請して回っていたようです。上場するとこういうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えちぜん鉄道と福井鉄道の通勤客増加

福井県のえちぜん鉄道や福井鉄道の通勤利用が増えているそうです。えちぜん鉄道の場合、2004年度の開業初年度に比べるとほぼ2倍になっているそうで、昨今の地方鉄道の現状から考えると、これはかなり異例の伸びです。 駅を増やしたというのは一定の効果はあるのでしょうけれど、しかし既存の路線から離れたところに駅を造ることはできないので、バスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

271系発表

JR西日本が、関空特急「はるか」に増結するための新車両271系の新製を発表しました。これは驚きです。てっきり、なにわ筋線の開業まで動きはないものかと思っていました。 281系6両編成で運転している「はるか」に3両単位で増結するそうです。1994年の281系登場から25年も経ち、いろいろ車体などが変わってきているので別形式にしたので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暴君:新左翼・松崎明に支配されたJR秘史

『暴君:新左翼・松崎明に支配されたJR秘史』を読み終わりました。この4月に出たばかりの本です。 著者の牧久氏は、2017年に『昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実』を出しており、そちらも読んでいます。前作は国鉄分割民営化の顛末をかなり詳細に取材して描いたもので、大変面白かったので今回の作品にも予告の時点でかなり期待していました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大糸線利用客増加の取り組み

新潟県と長野県が連携して、大糸線沿線の市町村が中心になり往来する観光客を増やす取り組みが始まったそうです。 大糸線は南小谷で輸送状況も管轄も完全に区分されるわけですが、利用者数は南小谷以南が3185人、以北が104人とか。これは単なる積算値であって輸送密度ではないのでしょうね。そう考えると、特に南小谷以北は、よく鉄道が維持できてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奈良県のリニア支線構想

リニア中央新幹線から関西空港を結ぶリニア支線の構想に奈良県で調査費がついて検討を始めるそうです。中央新幹線の奈良県駅から、奈良県内、そして和歌山県の橋本市を通って、関西空港までの路線を考えるそうです。 また風呂敷を広げるな、と最初は思ってしまいました。中央新幹線の超電導リニア方式は結構建設費が高いわけで、こんな支線を簡単に伸ばせる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JRに残る国鉄車

東京新聞で、JRに残存する国鉄車の話題が出ています。JR西日本は、国鉄車両数が非公表なんですね。大まかな割合は示されていますが。 JR東海が異様に早く淘汰を事実上終えていることがわかりますね。JR東日本は、割合ではもうわずかですが、実数としてはまだ1000両もあります。それ以外の4社はどこも25-30パーセントくらいで、大差ないの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山陰新幹線整備効果試算

山陰新幹線の整備効果の試算が発表されたそうです。京都新聞も報道しています。 日本海新聞の記事に添付されている試算前提のルートが面白いですね。できるだけ建設費を節約するためなのでしょうけど、北陸新幹線の東小浜までのルートを共用して、そこから西へ向かう前提のようです。大阪からするとかなり遠回りではありますが、それよりも建設費の低減を優…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

単独維持困難路線の地元負担

JR北海道の単独維持困難路線について、次第に沿線自治体が財政負担の方向になってきたようです。宗谷本線に続いて、滝川-富良野間も沿線自治体が了承する方向になったようです。 しかし、8路線すべてを合計して、道と市町村の合計で年2億円程度というのは話にならにくらいの少額に見えます。この滝川-富良野間についていえば、4市合わせて500万円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーライン脱線事故復旧難航

横浜市営地下鉄ブルーラインで、6日に脱線事故が起きたそうです。シーサイドラインで逆走事故が起きたことに続いて、横浜で鉄道事故が続くものです。こちらの原因はあっさりと、保線作業時の横取り装置の戻し忘れだったそうです。あまりにも基本的ですが、実際結構ある事故なんですよね。 トンネル内で列車が脱線して、復線する作業が非常に大変だという話…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

東京駅地下拡張構想

東京駅で、地下エリアをさらに拡大する計画があるそうです。エキナカのさらなる増強と混雑緩和だそうで。 実際、連休などの東京駅の混雑ぶりは大変なものです。おしくらまんじゅうまではいかないですが、まっすぐ通路を歩くことは困難なくらいです。広げて改善するなら歓迎できます。 ただ、どこを広げるのかがこの記事ではよくわからないですね。既…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンネル内衛星測位技術のニューヨーク地下鉄での試験導入

ニューヨーク地下鉄で、地下トンネル内でGPSの測位を可能にする技術を試験するそうです。既にストックホルム地下鉄では実績があるそうです。 漏洩同軸ケーブル(LCX)を使って電波を出すようですが、GPSの技術では、測位衛星から受信位置までの距離によって電波の到達時間が変わることを利用し、複数の衛星からの距離の差を到達時間差を利用して検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more