テーマ:交通

フランスの鉄道で2時間半以内の距離の国内航空路線を全廃法案

フランスで、鉄道で2時間半以内の距離の国内航空路線を全廃する法案が通過したそうです。これは結構アグレッシブな感じですね。 しかし、もともとは4時間以内という基準だったのだそうで、これだとフランス本土の航空路線はほとんど残らないことになってしまいます。それを航空会社からの反対で2時間半に緩和して骨抜きにしたのだそうで、それだと確かに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クイーンビートル」遊覧航路に就航

JR九州の高速船「クイーンビートル」が国内の遊覧航路に就航したそうです。 もともとJR九州は、博多と韓国の釜山を結ぶ航路をジェットフォイルで運航していました。需要はかなり旺盛で、韓国側の事業者も参入してかなりの便数になり、対馬寄港などもしていました。しかし、いよいよ船が老朽化してきて新たな船を必要とするようになり、てっきり他の船会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンテナ船の巨大化リスク

スエズ運河で座礁していたコンテナ船がどうにか離礁に成功したようで、運河の通航が再開されるようです。それに関して、超巨大船のリスクを指摘する記事が出ています。 今回はあの狭い水路で、強い横風を受けたことで操船を誤ったようですけど、確かに船が大型化すると難しい面があるのでしょう。しかし、記事が指摘するような、A380やB747のような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スエズ運河の座礁事故

スエズ運河で大型のコンテナ船が強風に煽られて座礁してしまう事故を起こしたそうです。写真を見ると、水路の中で見事に斜めを向いて、船首を岸に突っ込んでしまっている様子がわかります。本来、綺麗に水路をトレースして運航するような場所であって、向きを変えるようなところではないのですけどね。 これは自力ではどうすることもできない状態のはずで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県の新広域道計画

鹿児島県が、新広域道計画を公表したそうです。20-30年後の将来を見据えた構想なのだそうです。直轄国道も一般広域道路として含めているのだそうで、なるほど国道にしか見えない路線があちこち地図に描かれていると思いました。 未事業化の構想路線では、錦江湾横断道路、薩摩半島横断道路、島原天草長島連絡道路、曽於志布志道路の4路線が挙げられて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊中東西線

阪急バスが豊中東西線を4月1日に開設するそうです。豊中市が実現を目指していた東西軸路線バスに当たるのだそうです。 運行路線図を見て驚いたのですけど、西側の終点JR伊丹駅(イオンモール伊丹)は、伊丹駅の東口に発着するのですね。JR伊丹駅に発着するバスはほとんど西口を使っています。東口にも従来からバス停がありましたけど、便数も少なくあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分空港ホバークラフト復活構想

大分空港へのアクセスに用いられていたホバークラフトが復活する方向だそうです。記事にもある通り、2009年に運航を終了した大分空港と大分市を結ぶ航路があったのですが、復活するようです。 ホバークラフトは、平坦な土地であれば陸上も走ることができる水陸両用の乗り物で、海上ではかなりの高速で航行できます。しかし当然ながら燃費は悪く、騒音も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いまざとライナーの状況

大阪市が社会実験で運行しているいまざとライナーの記事が出ています。大阪東部の地下鉄路線今里筋線は延伸構想があり、また大阪南部を東西に結ぶ新路線の構想もあります。しかし十分な利用客を見込めない状況のため、それに相当するルートにとりあえず急行バスを設定して様子を見よう、ということです。 2年目の段階で、1年目よりは若干の利用の増加が見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANAの現状

航空業界、特にANAの現状についての記事が出ています。COVID-19問題で経営が苦しいのは交通関連企業ではどこも同じですが、スカイマーク支援の問題とかあるんですね。 日本の航空業界ではエアドゥやスカイネットアジア航空(ソラシドエア)など、いくつか新規参入航空会社が出たものの、いずれも結局ANAの支援を受ける羽目になって、2大航空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国道の大改修工事

NEXCO西日本が、中国道の大改修工事をするそうです。吹田JCTから神戸JCTまでの、もっとも都心側の重要区間ですね。新名神が開通して迂回路ができるのを待っていたのだそうで、なるほどと思います。 吹田-中国池田間は全面通行止めで工事するのだそうで、9か月も高速道路を閉鎖するのは災害不通時を除けば異例ではないでしょうか。これまでも中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェイアールバス関東の乗務員交代基地移転構想

ジェイアールバス関東が東名高速三ケ日インターチェンジそばに設置している乗務員交代基地を新東名高速新城インターチェンジ付近に移転する計画だそうです。 JRバスは、国鉄時代から東名・名神高速バスを走らせており、東京と大阪を結ぶ上では途中で乗務員交代が必要になるため、中間付近にある三ケ日に乗務員交代施設がありました。交代要員はここで待機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機材変更

この1月7日に久々の東京出張が予定されています。COVID-19問題もあってウェブ会議がほとんどになってしまい、私の東京への出張は昨年3月以来という事態です。また珍しく航空機利用の予定でした。しかし今日は、利用するANAから機材変更の通知が来ていました。 もともと78Pが予定されていたのに、76Pに変更されたようです。若干のダウン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3代目ノート

このほど日産から発売される3代目ノートに対して高い評価の記事が出ています。足回りの性能や、e-powerを使った出だしの良さ、アクセルペダルだけでほとんどの操作ができる快適性などが評価されているようですね。 e-powerのアクセルペダルだけでの操作というのは気になっていて、一度くらい試乗してみたいものだと思っています。ここまでよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重洲地下高速バスターミナル

東京駅の八重洲地下に2022年に国内最大規模のバスターミナルが開業するそうです。こんなものを工事していたんですね。 都市再生機構が保有するとあって、あれ八重洲の駅前広場はJR東日本所有なのでは、と思ったのですが、どうやら外堀通りよりも東側にあるようですね。いまいちこのページの図ではどこにあるかがはっきりしないわけですが。そもそも八…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

下関北九州道路ルート内定

下関北九州道路の建設構想がもたれていましたが、彦島から小倉駅より西側へのルートで建設する方針になったそうです。しかも中間は吊橋なんですね。 橋で建設すると、水底トンネルの危険物搭載車両通行禁止制限を回避できるというメリットもありますね。結構な距離になるのでトンネルかとも思いましたが、橋にできるようです。海峡部が2.2キロとあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通事故の被害者のその後

交通事故に遭った被害者のその後を取材した記事が出ています。交通事故は、起こしても大変だし、起こされても大変なんですよね。 交通事故死亡者は、一時期は年間1万人を超えるくらいでしたが、飲酒運転の厳罰化などの影響もあって、昨今は年間3000人強というところまで減ってきました。これは本当に驚くばかりの減少で、努力すればそこまで減らせるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェロー諸島の海底トンネル

北海に浮かぶデンマーク領フェロー諸島で、島の間を結ぶ海底トンネルがこのほど開通するのだそうですが、トンネル内分岐点にラウンドアバウトがあるそうです。想定通行量が少ないから実現できる方式なんでしょうね。 フェロー諸島はそもそも総人口が5万人くらいしかないそうで、よくこの規模でトンネルを実現するものです。政府からの公的資金で支援されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車の検討

私の家では現状、妻が独身時代に購入してそのまま持ってきたトヨタ・ヴィッツに乗っています。別段この車に不満もないのですけど、そろそろ古くなってきたかなと感じて新しい車を模索中です。もし2人目の子供を授かるようなことがあれば、それこそ車内空間の不足が感じられますからね。 何もなければ、この家族の需要を考えるとミニバンなのでしょうけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞配送

『鉄道ファン』誌の12月号は荷物車の特集で、主に車両的な面で解説が行われていました。しかし、新聞輸送についてちょっとツイートしたところ、いろいろな情報が寄せられてそちらの方が面白かったので、ちょっとまとめて書いておきます。 24系を使った寝台特急には電源車としてカニ24が連結されており、ディーゼル発電機を搭載する以外のスペースは荷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のナンバープレートの海外での取引

日本国外で、日本のナンバープレートが取引されているという記事が出ています。日本でも、アメリカやEUのナンバープレートを飾っているところは結構見かけますし、車を持ち込んで利用しているのかEUのナンバープレートに日本のナンバープレートを重ねて設置している車も見たことがあります。ああいう発想で、日本のナンバープレートを飾りにするという人が外国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上関大橋

山口県の上関大橋で、橋台と橋桁の接続部がずれて、通行しようとしていた自動車が衝突する事故があったようです。このために橋は通行止になっており、当面再開の見込みがなく、上関町の主要部が位置する長島と本土の間をとりあえず人員だけでも渡すために船を動かすことになっているそうです。 写真で見る限り、橋台側が数十cmほど低くなっており、桁と橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東名高速の事故

昨日の夜、富士市の東名高速で人がはねられる事故があって6時間ほど通行止めになったそうです。それが、まず上り線で乗用車にトラックが追突し、続いて下り線で人が車にはねられたのだそうで、下り線ではねられたのは上り線で追突された乗用車の運転手だと思われているのだそうです。まったくの謎の事故ですね。 上り線で追突されて、そのはずみで運転手が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

航空会社の状況

日経新聞で、航空会社の状況に関する記事が出ています。鉄道会社もCOVID-19の問題で大苦境ですが、それでも鉄道が担当するのは国際線連絡の空港輸送のようなものを除けば、国内の移動だけなので、国際間の移動がほとんど途絶えた状況になっても一定の輸送需要は残っているといえますし、GoToトラベルのような旅行需要喚起策によっても支えられていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道57号北側復旧ルート明日開通

2016年熊本地震で被災して不通となっていた国道57号の北側復旧ルートが明日開通するそうです。国道57号が使えないために、阿蘇長陽大橋を通るルートや峠を越えるミルクロードに車が集中していたわけですが、これで熊本市と阿蘇方面の行き来はかなり楽になりますね。 実際のところ、このルートは渋滞がよく発生する国道57号のバイパスとして、地震…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行楽需要増大

秋の4連休で、久々に行楽需要が爆発しているみたいですね。もういい加減、自粛に飽きてきていて繰り出したいところだったのでしょう。COVID-19の感染状況も落ち着いていますし、気候も良かったですしね。 自家用車で行ける範囲に流れているようで、高速道路が大変な渋滞だったようです。明石海峡大橋など56キロメートル渋滞という情報が流れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピーチ途中強制降機事件

釧路発関西空港行きのピーチ機で、マスクの着用を拒否する乗客が騒いだために、新潟空港に着陸してこの乗客を降ろすという事件があったようです。これはまた大迷惑の話ですね。関西空港到着は2時間15分遅れということなので、ターンアラウンド時間を短くして予備機材もほとんどないLCCだと、この後の便も全部遅れていくはずですし。場合によっては最終に近い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンモニアのパイプライン

ロシアとウクライナを結ぶアンモニアのパイプラインがあるのだそうです。これは初めて知りました。 一般的にパイプラインは、石油か天然ガスを運ぶものであり、それ以外の化学品は輸送量がそこまで多くならないためか、鉄道のタンク車やケミカルタンカーなどで運ぶことが多いと思います。化学工場の中では配管で運ばれますけど。しかしロシア領内にあるアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンジョルジョ橋落成式

イタリアのジェノバで2018年にモランディ橋という高速道路の橋が崩落して43人の死亡者が出ましたが、2020年8月3日にそれを置き換えたサンジョルジョ橋の落成式が行われたそうです。結構大規模な橋を再建するのに2年というのは、かなり速い工事です。 古いモランディ橋の構造はPCで造られた斜張橋でしたが、今回の新しい橋は連続箱桁のようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AW609で小笠原航路検討

小笠原諸島に垂直離着陸機で航空路線を開設しようという検討がされていると、記事が出ているようです。 小笠原諸島は日本のはるか南にある諸島で、十分な長さを持つ滑走路を設置できるような土地がなく、環境保護のために大規模な造成や埋め立ても困難ということで、今まで航路しかありませんでした。そのため東京から丸1日ほどかかる船旅でなければ行けな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボーイング737のAD

ボーイング737で、長時間運航せずにいるとエンジン内部の抽気逆止弁の部品が錆びて、離陸時に弁が展開した後戻らなくなって、着陸しようと出力を落としたときにエンジンが止まって再起動も不能になってしまう可能性がある、という問題が発覚したそうで、FAAが耐航空性改善命令(AD)を出したそうです。駐機状態が長く続いた機材は、運航再開前に問題の逆止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more