日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 図書館

<<   作成日時 : 2008/04/30 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

地元の図書館へ行ってみました。できた時には、町村立としては西日本最大という謳い文句だったように思いますが、確かに私の地元の町姶良町の図書館はかなり立派です。興味を覚えたので地元の郷土史について調べたいと司書さんに聞いてみたところ、まとめておいてあるところを教えてくれました。
午後はずっと図書館にいて郷土史コーナーで本を読んでいたのですが、奥が深いですね。私も割と学校で配られていた歴史教育用の副読本などを熟読して地元の歴史については知っているつもりだったのですが、やはり学校で配ることができる程度のものは表面をなでている程度です。膨大な量の資料が置かれていて、ちょっとやそっとでは読みきれなさそうです。
私の地元のあたりは薩摩・大隈地区を支配する上で重要だったらしく、戦国時代には武将の間で争奪が繰り返されています。特に、地元では「桜公園」として知られている高台の公園は、平安城跡であるということは知っていたのですが、ここは実に何回も攻められて陥落した回数も1度や2度ではないようです。繰り返し城主が替わり、裏切りが繰り返されて陣営が一定していなかったようですね。興味深いです。実は、母方の祖父の家の裏山も城が置かれていた時代があったようだということを今回初めて知りました。中世はそこら中に城があったようです。こんなにたくさんあったらガキ大将の秘密基地レベルじゃないでしょうか。
私が興味深い近世史もいろいろ面白い資料がありました。海岸部では塩田が置かれて製塩事業が行われていたのですが、これは実は古くからやっていたのではなく明治時代からのものなんですね。しかも、繰り返し台風で被害を受けていて、結局昭和25年にルース台風で大打撃を受けて中止になっています。私の実家のある場所がまさにこのあたりで、この地区の住民のかなりの部分はこの時代は製塩事業に従事していたようですね。
それにしても、平安時代にはどこそこが誰々の領地で、この地名はこういう由来、なんていう話がずっと書いてあって、そんな1000年以上前のことまでよく分かっているものだと思います。もちろんどこまで正確なのかは保証の限りではないでしょうけれど、よく調べたものです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
図書館 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる