日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 免許更新

<<   作成日時 : 2008/12/08 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日は休みをもらっていました。特に目的があるわけではなかったのですが、時折はこういう形で休もうと思っているもので。ちょうど免許更新の通知がやってきたので、せっかくなので昼食を兼ねて出かけてきました。日曜日もやっていますけどね。伊丹在住の人間にはJR伊丹駅北にある阪神運転免許更新センターはとても便利です。
東京在住時代に2回鮫洲で更新をしたことがあり、今回で3回目。運転を滅多にしないので当然のようにゴールド免許・優良運転者講習です。今回からIC免許証になるということで、最近は何でもICチップを埋め込むのが流行ですね。講習の時に説明があり、振り込め詐欺などの関係で金融機関の口座開設に偽造免許証が使われることを阻止するためと、本籍地の情報を表面から消してプライバシー保護をするために採用されたそうです。新しい免許証では本籍地の欄は残っているのに空白で、この情報はICチップに記入されており、更新時に登録する暗証番号を使わないと引き出せないそうです。確かに本籍地に微妙な問題があることは理解できますが、簡単に転籍できるものなんですけどね。むしろ先祖伝来の土地に住んでいるような人は住所の方が移転しづらいと思うのですけど、免許証は事実上身分証明書として用いられている現実から住所を消してしまうのもいろいろ問題があるわけで…。
私の本籍地は、前回の更新から今回までに合併で地名が変わってしまいました。平成の大合併でよく見られた旧町名を字に冠する変更でした。変更を証明できる書類があれば持ってきてほしいと通知はがきには書かれていたものの、特にないのでそのまま行ったところ申請書の受理のところで確認のためにしばらく待たされました。やはり申請書の記述をはいそうですかとそのまま受け取っていい加減な住所を記載してしまうわけにはいかないようです。
また今回のもう1つの変更点としては、中型免許の導入があります。4トントラックなどは従来普通車に分類されていてもかなり大型であるため、事故が増えて問題になっていたということで、普通車と大型車の中間で中型車免許が新設されたわけです。しかし従来運転できていた車が更新で運転できなくなるのはやはり問題があるらしく、従来の普通免許所有者は従来通りの免許効力ということになっているそうです。中型車の範囲には従来の大型車の部分が一部含まれていて、単に中型免許に変えてしまうと運転できる範囲が広がってしまうので、普通免許から更新した人向けの「8トン限定中型免許」なる区分になるそうです。うーむ、面倒な区分ですね。しかも、従来の普通免許所有者がすべてこれになるなら、社会の大半はこの免許を所持する状態がしばらく続くはずです。かなり微妙ですね。
IC免許証を受け取ると、早速館内に設置されている表示機でICカードの中身の情報を閲覧しました。講習時に説明があったので、人間誰しも考えるのは同じで、一斉にそこへ行って自分の情報を見ていました。設定されている暗証番号は数字4桁を2つ、なぜ素直に8桁と言わないのかと思いますが、4桁2つと言った方が覚えやすいということなのでしょうか。偽造チェックの目的では金融機関などにこの手の機械を導入するつもりなのでしょうか。なお、住所情報はICチップにはなく本籍が入っており、写真はかなりの圧縮率でブロックノイズがひどいものでした。みんなここで閲覧時に暗証番号を使いますが、そのまま大半の人が次の更新まで一度も使う機会がないに1兆ジンバブエドルですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今月中に更新しなければいけない者ですが
4桁2つってそういう意味だったのか。何故不正アクセス成功確率を1/10000から2倍にするようなことをするのかと思ってた。


ryot
URL
2008/12/02 01:46
そうそう、最初は私もなぜ4桁2つなんだろうと思ってしまいました。


Tamon
URL
2008/12/02 22:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
免許更新 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる