日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS チョコレートの中に落ちて死亡

<<   作成日時 : 2009/07/09 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アメリカのチョコレート製造工場で、従業員が溶けたチョコレートの中に落ちて死亡したそうです。工場レベルでチョコレートを溶かしている温度は結構な高温のはずなので相当苦しかっただろうなと思います。水とは全然粘性が違いますし。しかし直接の死亡原因は熱傷や溺死ではなくかき混ぜる装置にぶつかったことだとされているようですね。しかし固形チョコレートを放り込む作業を人手でやるものなんでしょうか。ラインで自動的にできる作業の気がしますが。
この話を聞いて「チョコレート工場の秘密」を思い出したのは私だけではないと思います。昔図書館から借りて読んだ記憶があります。もっとももう記憶はかなり薄れているのですが、なかなか面白かったことは覚えています。誰にも公開されていない秘密のチョコレート工場を見学できる特別な招待券がその工場のチョコレートに入っていて、みんなでそれを探して大騒ぎし、引き当てた人が工場の想像もつかないような生産工程でまたまた大騒ぎするという話です。チョコレート工場の中の話よりも、主人公と目される貧乏な少年が偶然招待券を引き上げるまでの長い話の方が記憶に残ってしまいました。この話の中では工場の生産過程に余計なちょっかいを出そうとして機械に吸い込まれてしまう人とかの話が出てくるのです(ブラックですね)。
水ならぬものに溺れるというと、ボストン糖蜜災害とかを思い出します。これなど、ほとんど圧死に近いものがあったようですけども。
いずれにせよ、食品工場でこういう事故が起きるというのは、普段から人は落ちずとも何か他のものが落ちてそのまま気づかずに食品に加工されてしまう可能性があるのでよろしくないのではないかと思います。基本的に蓋をしておき、またできるだけ上から覗き込むような作業が存在しないように作らなければならないのではないかと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チョコレートの中に落ちて死亡 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる