日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 通夜

<<   作成日時 : 2010/04/16 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は通夜でした。
最初はお坊さんが自宅にやってきて、おかみそりの儀式。仏門に帰依するという意味らしいですが、要するに法名を与えることみたいですね。浄土真宗なので、戒名ではなく法名だそうです。鹿児島県は、江戸時代まで島津氏の政策により一向宗が厳禁されていたのに、今ではすっかり普及して多いと言うのが不思議です。「親鸞聖人も蓮如上人も法名は2文字ですから、長い法名ほどよいというのは完全なる誤りです」との説明。なるほど。でも、仏教界の人は生前から法名を使いますからねぇ。それはともかく、渡された教典の本はなかなか面白いことが書かれていて参考になりました。葬儀に関連して、仏教と神道の考え方、単なる迷信などまでいろいろ混ざってしまっているので、どれがどの宗派の考え方なのかとかはわかっておらず、その説明が興味深いものでした。「告別式」という言い方は無宗教のものらしく、仏教では使わないと説明されていました。「いずれ浄土でまた会うのに、別れを告げるのは失礼」なんだそうです。「清めの塩」は死を穢れと考える神道の儀式だそうです。なるほど。
それから納棺の儀式。祖父はこの世代にしては大変体が大きく重たいので大変のようです。主に孫世代が手伝い、私も手伝って納棺しました。斎場に移動して通夜の儀式。こちらの地方では、焼香ではなく塗香(ずこう)というものを使うそうです。粉末状の香を体に塗りつけるのだそうで、焼香ができる以前から使われている原始的なものだとか。このようなものがあるんですね。
その後は、親類などが集まってきて飲食をしながらお勤めをしていたので、私は付き合うのも面倒なので自宅に戻ってきました。蚊取り線香みたいな巻いたタイプの線香が用意されていて、そもそも新しく線香をくべ続けなくても一晩中焚くことができるという省力化ぶりでした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
通夜 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる