日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい部屋の契約

<<   作成日時 : 2010/11/07 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は駅の近くの不動産屋に行って、新しい部屋を探してきました。不動産屋の外に貼られている物件情報を見ていると、中から店長さん(後で名刺を渡されて分かった)が出てきて「もっといろいろありますよ」と中へ誘導されました。まあいずれにせよ早いところ決めようと思っていたので、それにのって中へ。

大体どれくらいの家賃相場を考えているのか、どういう部屋構成がいいのか、どのあたりの地域がいいのか、ということを聞かれて、それに適する物件をどんどん出してきました。やはりこの地域でこういう仕事をしていると地域の事情には相当詳しくなるらしく、いろいろ話しているうちにあっという間に私の勤務している会社まで向こうが当ててしまいました。大体近辺で大きな企業というのは決まっていて、その社員が住む地域というのも大体固まって存在しているということなのでしょう。なので、現在住んでいる寮についても知っていて、会社から2km以上のところでないと自転車通勤ができないとかそんな内部事情まで知っていました(苦笑)。

部屋にはどうしてもBフレッツを引きたいということを伝えると、これまたすぐに情報が集まって出てきました。一部分からなかったところは電話をして問い合わせて情報を集めてきました。ウェブで物件を検索するサービスだと、インターネット対応とか光ファイバーとか書かれていても、それが関西電力なのかNTT西日本なのかはわからないものがほとんどなのです。

よさそうな案件を5件ほど見繕って、部屋の内部を下見に出かけることになりました。かつて東京で下宿を契約したときには、不動産屋から遠かったこともあるのでしょうけど、鍵はかかっていないから自由に見てくださいと言われて、自分で電車ででかけて部屋を見てきたものです。こちらでは近辺ということもあったのでしょうけど、不動産屋の店員が同行して見せてくれました。これが、わざわざ車を出して案内してくれるものなんですね。えらく丁寧でした。

さすがに物件の情報も非常に詳しくて、質問すると何でもすいすいと情報が出てくるという感じです。その部屋の以前の住人も世話をしていて、そのときはどういう部屋の使われ方をしていたとかそんな情報まで出てきました。プロというのは凄いですね。ある場所では、ここは学生が住んでトラブルになったことがあったので、今は学生は入れないとかそういう話が出てきました。そういうこともあるものなんですね。

逡巡したものの、結局割と新しく駅にも近い物件を選びました。下見した物件の中では家賃が一番高かったものの、何とか許容範囲との判断。1階ですが部屋も広くなりますし、収納もがっちり確保されていました。オール電化なのでガスコンロがないのはちょっとマイナスですけど、これは仕方ないでしょう。逆にガスがないと、引っ越し日にガス会社を呼んで開栓をしてもらう手間が省けるともいえます。水道と電気は自分で栓やブレーカーを開いて使ってもいいものですから。駅近くだと外食系の店もたくさんありますし、近くのスーパーは23時まで開いているとの情報だったので、これなら生活環境としてはばっちりです。

いろいろ書類を作成してとりあえず手続きを完了しました。大家さんからの了解をもらって、週半ばに正式な契約書ができるとのこと。引っ越し日は、準備に2週間程度を考えて、また同日に役所への手続きに行くことも考えて平日に休みをもらってやろうと考えて11月19日を選択。平日に引っ越しをすると引っ越し屋の料金も安いのです。前回寮を移ったときには、レンタカーを借りて全部自分で荷物を運んで大変だったので、今回はお金をかけても楽にやろうと考えています。もっとも冷蔵庫や洗濯機などの大物がないので、引っ越し屋を頼んでもそれほどではないだろうと予想。これらの家電は購入しなければならないので、あらかじめ購入して翌日土曜日くらいに配達してもらうように手配しようと考えているところです。

初期にはいろいろお金が掛かってしまいますが、仕方ないですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新しい部屋の契約 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる