日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS IKEA

<<   作成日時 : 2015/01/24 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、特に家具を買いたいわけでもなかったのですけど、何か面白いらしいということで、スウェーデンから進出してきた家具店であるIKEAの神戸店へ行ってきました。神戸店はポートアイランドにあります。

入口にあるパソコンでまず会員登録をしました。その場でプリンターで仮の会員証が出て、後日自宅に本来の会員証が郵送されてくるようです。入力用にキーボードが大きく見える位置に置かれていて、そのほかにはディスプレイしかないように見えたので、タッチパネルだと思って思わずディスプレイのボタンを触ってしまったのですが、実はキーボードの陰になりそうな場所にマウスが置かれていてそれでボタンをクリックする仕様でした。

店内は、欧米系の店にありがちな一筆書き動線の構造になっており、端から順に売り場を見て行って最後にレジが待っているという仕組みです。私は基本的にデザイン系のセンスがなく、部屋の造作などをうまく考えるということができないので、こういうところで専門の人が考えたスタイリッシュな部屋のサンプルを見るのはなかなか楽しいです。実際の部屋の例がたくさん作ってあって、そこに入って使い勝手やデザインをしっかり確かめることができるのが面白いですね。黒で統一された書斎とかはかなり憧れてしまいます。もっとも、私の蔵書量だと相当本棚を設置しなければならないのでそこが難しいのですけど。

家具店なのにレストランが併設されており、極めて安価に利用できるというのが面白いところです。何と言っても、ドリンクバーが会員価格だとわずか60円です。他にも結構美味しそうなメニューがいろいろあって、特に高くないですね。これは、食事だけのために来店してもいいような気がします。かなり時間を潰してしまいました。

IKEA神戸店のレジの前の空間は、巨大な倉庫になっていて圧倒されます。店内で自分が買おうと思ったものをメモしてきて、ここで取り出してレジに向かうという発想のようですけど、物凄く高いところまで棚がしつらえてあって、そこにまで物が置いてあるので、これはどうやって取り出すのか全く理解できません。在庫も一緒に置いてあるということなのでしょうけど。それこそ、相当高くまでフォークを上げられる特製フォークリフトが無いと荷扱いができなさそうです。

IKEA神戸店のちょうど向かいにUCC珈琲博物館があって、これにも入館しました。エスカレーターで上の階へ上がって、そこからスロープを下りながら順繰りに周りを見て歩くという構造で、一見展示量は大したことないように見えるのに結構たくさんの収蔵品があるという感じでした。1本の木から収穫できるコーヒー豆で淹れられるコーヒーは約40杯だそうで、結構大変なんですね。試飲コーナーで、ブラジル・サントスコーヒーとイエメン・モカコーヒーの飲み比べをしましたけど、実際かなり味が違っていて素人でもこれは容易に区別ができます。といっても、私などでは普段飲んでどちらかなんて考えることもないのですけど。ミュージアムショップにコーヒーの苗が売られていて、観葉植物としても面白いらしいのですけど、世話をする自信が無かったのでパスしました。UCC珈琲博物館はなかなか面白かったです。

IKEAは、自分で持って帰るのが基本なので、やはり自家用車で乗り付けないと買い物は難しいですね。ただなかなか面白かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IKEA 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる