日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 二歩

<<   作成日時 : 2015/03/11 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

将棋のNHK杯で二歩をやって反則負けになった棋士がいたそうですね。時折そういう事件はありますけど、テレビ中継というのは結構珍しいような。

そのシーンを動画で見ました。指した瞬間にどちらの棋士もあっという声を上げて、そのまま指し手を読み上げる係が終了を告げていました。本来、二歩であると相手の棋士が指摘する必要があったと思うのですが、声を上げたことで指摘されたという処理になったのでしょうか。野球のアピールプレイと同様、気づかないまま試合が進行した場合は無かったものとして処理されるものだと思っていました。

二歩は、将棋の諸反則のルールの中でも面白いですね。ついうっかりやりがちなミスですし。しかし、なぜこうしたルールが制定されているのかと思ったのですけど、二歩が許されるとあまりに強力でバランスが崩れる、とかの理由で決められているようですね。他に将棋の反則としては、打ち歩詰め、行き所なき駒は打てない、連続王手の千日手の3つがありますが、後の2つは単純に合理的な理由を見いだせます。しかし打ち歩詰め禁止もよく理由のわからない反則です。突き歩詰めは許されているわけですからね。

まあ理由が分からなくても面白ければ良いというところもあるのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二歩 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる