日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌駅ホーム問題

<<   作成日時 : 2015/07/03 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

札幌駅の新幹線ホームを、現存駅より約300メートル西に設ける構想が出ているそうです。

札幌駅は1990年代初頭に高架化されました。その際に、将来の北海道新幹線の用地は考慮してある、と聞いていたものです。しかし、少し前に西側から函館本線沿いに札幌駅にアプローチする際に、途中のビルが障害になってしまうために、地下トンネルも検討するという話が出ていました。今度は、ホームの設置に関して詳細に検討していろいろ問題が出てきたのでしょうか。

しかし、札幌駅は比較的余裕を持って設計してあると思ったのですけどね。今になってこんな問題が出てくるとは。そもそも、5面10線あって足りないというのはどういうことだ、という感じがしますね。一部を新幹線に明け渡すために縮小したとしても、まだ何とかなりそうな気がします。この駅で始終着となる特急列車が多い、という事情もあるのでしょうけれど。九州だって、博多駅で始終着となる特急列車が非常に多かったですけど、新幹線工事中のホーム数縮小を何とか乗り切って開業しましたけどね。博多の方が元の在来線ホーム数は少なかったのです。まあ、九州新幹線に伴って増設した番線は1線だけだったですけど。

桑園と札幌の間は札沼線が単線の専用線路を持っており、札幌駅では北側に発着して折り返しているものと認識しています。しかし札沼線も電化されましたし、本線と直通する形態にして折り返し列車を減らしてしまえば、多少は線路容量も浮くのではないかと思ってしまいます。どうでしょうか。

さすがに新幹線ホームが300メートルも西側だと、乗換は不便に過ぎますね。東京駅の京葉線ホーム並の不便さでしょう。もう少し何とかならないものか。

こんなあたりまで検討は進んでいるんですね。北海道もいよいよというところでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
札幌駅ホーム問題 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる