日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋久島の森林鉄道

<<   作成日時 : 2015/09/02 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

NPO法人が、屋久島の森林鉄道を復活利用しようというプロジェクトをやっているようです。これは面白いですね。

かつては日本中に森林鉄道があって、林業の資材や木材を運搬しただけでなく、沿線住民の便乗を認め、生活物資の輸送も行うなど、さまざまに利用されていました。しかしお決まりの自動車輸送の普及に伴って次々に廃止され、本土では全廃となりました。今は木曽森林鉄道のあったあたりに一部線路を復元して、赤沢自然休養林の森林鉄道として観光客向けに一部運行が行われているくらいです。これに対して、屋久島は離島にあって地形的な理由もあったのかもしれないのですが、長く実用目的での森林鉄道の運行が継続されてきて、今でも線路自体は残っており、水力発電所の管理用として時折運行されていると聞いています。屋久島の観光地である縄文杉への登山ルートは、この線路を歩くようです。

この手の構想は、最近はいろいろありますけど、実際に線路が残っていて列車も時折は走っているというのは大きいですね。やろうと思えばすぐにできるわけですから。安全対策で多少の土木工事の追加が必要になるのかもしれないですけれど。また、こうした観光目的の鉄道を支援するために、通常の営業目的の鉄道よりも基準の緩い特定目的鉄道という制度も作られていますので、そうした形で正式に許可を取ってやることもできそうです。旧紀和町の湯の口温泉トロッコみたいに、許可とは関係なしに走っているところもありますけどね。

離島にあるというのは非常にハンデですけど、これが開通したら乗りに行ってみたいですねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
屋久島の森林鉄道の観光利用はいいかも!ですねw

営業目標も少なめに見積もればいいのでしょうし、逆に多くなると困るぐらいです(人によるゴミなどの環境汚染問題で入場規制を考える事態になる可能性大!)。
とうこ
2015/09/03 18:19
仰る通り、環境保護のためにはある程度人数を制限する必要があるんですが、一方で経済効果は人数に比例する面もあって、難しいですよね。
Tamon
2015/09/03 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
屋久島の森林鉄道 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる