日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 京阪プレミアムカー導入発表

<<   作成日時 : 2015/09/30 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

京阪が、8000系電車を改造して座席指定制のプレミアムカーを導入するそうです。これは驚きですね。

京阪と言えば、特別料金を徴収しないのにハイグレードな特急列車が定評でした。既に廃止されてしまいましたが、テレビを車内で見られるテレビカーというのも、導入された当時はまだテレビが貴重なものだったから、移動中でもテレビを見られるというのが大変な価値があったと聞いています。いまやスマートフォン全盛の時代で、移動中に見るものは他にいくらでもあるし、テレビを見たければワンセグを見る、ということになったので、テレビカーは一旦はデジタル放送に対応したにもかかわらず廃止になってしまいました。テレビカーに限らず、現在でもダブルデッカー(2階建て車両)を連結した豪華な車両を運行しているので、京阪間の移動ではJR・阪急に比べて時間はかかるものの、一番快適な移動ができるのが京阪、という印象です。

しかし、ここではさらに上を狙うようですね。特別料金を徴収するとはいえ、3列席というのはかなり豪華な感じになりそうです。JRのグリーン車でも、3列のものは一部の特急列車に限られます。既存の京阪特急車両のグレードがそれなりに高かったがゆえに、ここまでしないとプレミアムカーとの差を付けられなかった、ということなのでしょうか。まあ、いくら京阪車両のグレードが高かった、と言っても、これまでは転換クロスシートだったので、リクライニングシートを導入するだけでかなりのグレードアップだとは思いますが。リクライニングしなくても、8000系のロングシート部に装備されたハイバックシートは驚かされる出来でしたけど。

アテンダントが乗務する、となると、いくら京阪間で一番所要時間が長いといえども、JRの東京圏普通列車グリーン車ほどの所要時間ではないことを考えると、どんなサービスなんだろうと思いますね。特別料金券のチェックが大きな役割なのでしょうけど、さすがに車内販売とかまでは無理なんでしょうね。料金券の発売システムの整備も考えると、結構な投資額だと思いますが、やはり鉄道会社にとって特別料金を徴収する優等列車を運転することは1つの夢なのではないかと思う次第です。

運転を開始したら、乗ってみたいなと思いますが、私からすれば「川の向こう」の会社ゆえに、なかなかそういう機会は多くはなさそうだとも思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おけいはんで近鉄特急みたいなことするんですね〜
ただ京阪・阪急・阪神とも特急にいろんなバージョンがあるのでややこしくなりそうですね、でも安心してゆっくりと座席指定を楽しむのにはよいですね〜特に朝の通勤特急には効果抜群だと思いますね、朝のひと時を座席指定で余裕で過ごすのは超贅沢ですね。
とうこ
2015/10/01 07:25
近鉄というよりは、南海や名鉄ですな。一部特別車の方式ですから。
Tamon
2015/10/02 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
京阪プレミアムカー導入発表 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる