日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄分入り誘引剤

<<   作成日時 : 2015/10/14 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

最近、野生のシカの数が増えて、線路上に侵入して列車にはねられる事故が増加して、運行障害が発生することが問題化しています。これに関して、民間企業の研究で、レールと車輪の摩耗などで生じる鉄粉を舐めにやってきているようだということがわかって、鉄粉を含んだ誘引剤を撒くことで回避しようという対策が考案されたそうです。

たとえばウシだと、塩分が大好きで塩を撒かれているとそればかり舐めているとか、動物には特徴的な性質があります。シカだと鉄分が好き、ということなのでしょうか。とても意外な話ではあります。確かに、鉄分は動物にとっては必須の栄養素ではありますけど、鉄粉を舐めてそう簡単に補充できるものなのでしょうか。

鉄分を含んだ誘引剤で線路から逸らすのはいいとしても、それで栄養分の充足したシカがますます増える、ということになったら困るなと思ってしまいました。やはりある程度猟をして数をコントロールする必要があるのではないかと思いますね。これで列車の鹿との衝突件数をかなり削減できたらありがたいことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
人間以外にも「鉄」がいたとは!?
鹿は「舐め」鉄なんですねw因みに人間にはディゼルエンジンのにおいに惹かれる「匂い」鉄もいるようです(笑い)。
とうこ
2015/10/15 07:55
まさに鉄分補充ですな。
Tamon
2015/10/16 00:15
塩も鉄も土壌から(牧草などを経由して)摂取できなければそのあたりに転がっている石などを舐めてそこに含まれている成分を摂取するしかありません。鹿がレールを舐めていたというのは恐らく、その周辺の土壌で十分な鉄分摂取ができない状況にあるということなのでしょう。

今回、数が多く目立つ鹿害ばかり取り上げられていますが、もし野生の牛が当該地域にいれば、恐らく鹿と同じ行動を取るでしょう。
通りすがり
2015/10/16 14:13
自然にそういうものが欲しくなるんですな。
Tamon
2015/10/17 00:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄分入り誘引剤 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる