日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 化学薬品流出事故

<<   作成日時 : 2015/12/30 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

オーストラリアで、硫酸を積んだタンク車が脱線して中身を流出させる事故があったようです。

海外では、ラックメガンティックの原油流出・爆発事故のように、鉄道輸送中の危険物が漏れて大きな事故につながる例がいくつかありますね。でも、日本国内ではそれほど深刻な例があまり記憶にありません。新宿駅での米軍燃料タンク車衝突・炎上事故くらいでしょうか。後は、江津駅で内圧の上昇した化成品タンク車の上部が吹き飛んで、中身の化学薬品がホームにいた駅員や乗客にかかる、という事故もかつてはあったそうです。これだけいろいろと運んでいるのに、この程度の事故で済ませているのは大したものだと思います。

どちらかというと、タンクコンテナになってから、コンテナの取り扱いミスで流出させたという事故の方を聞く気がしますね。誤ってフォークリフトのフォークで突き刺してしまって、貨物駅構内がえらい騒ぎに、なんていう話は聞きます。

2011年3月10日、すなわち東日本大震災の前日に発生した、成田線滑川駅での貨物列車脱線事故では、コキ200形コンテナ車が横転しました。搭載されていたのは、返空時の液化酸化エチレン用タンクコンテナでした。液化酸化エチレンは流出すると極めて厄介な性質があるそうですが、幸いにして空になったタンクの返却でしたので、大事にはなりませんでした。まあ、ばねの定数などとの関係で、おそらく積車だったら脱線事故にならなかっただろう、と運輸安全委員会が考えているようですので、すぐに事故流出の危険があるということではないようですけど。

事故を起こしたらえらいことになるものはかなり輸送されているのですけど、抜本的に事故を防ぐ方策というのも完全なものはなく、リスクの低減ができる程度なんですよね。現代においてはやむを得ないと考えざるを得ないのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
清水港線の廃止が取り沙汰されていた頃、四塩化炭素をトラック輸送にして事故が起きたらどうする、っていう議論がありました
mori_suguru
2015/12/31 11:30
神岡鉄道もそういう理由で三井鉱山の出資で残ったはずだったのに、あっさりトラック転換されましたもんねぇ。
Tamon
2015/12/31 20:49
新年あけましておめでとうございます、毎日のブログ更新お疲れ様です。
とうこ
2016/01/01 09:36
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
Tamon
2016/01/01 20:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
化学薬品流出事故 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる